bitbank

bitbank(ビットバンク)の口座開設のやり方や流れ!かかる時間やキャンペーン情報

投稿日:

bitbank(ビットバンク)の口座開設のやり方や流れをまとめてみた

ビットバンクの口座開設

bitbank(ビットバンク)は、ビットバンク株式会社が運営する国内の仮想通貨取引所の一つです。

大手のサービスに影を潜めていますが、トレード中級者や上級者からは注目を集めていますよ。

bitbank(ビットバンク)がどのようなポテンシャルを秘めているのか、大まかなメリットを幾つか挙げてみました。

  • 日本で人気のリップル(XRP)やモナコイン(MONA)を指値で取引できる
  • アルトコインの手数料が他の仮想通貨取引所と比較して安い
  • 利用しやすいアプリやチャートツールなどの機能が豊富
  • マルチシグ方式のセキュリティで安全性を高めている
  • 仮想通貨全体を盛り上げるために、ビットコインニュースの運営やブロックチェーン大学校を開講している

国内の仮想通貨取引所の中でも、bitbank(ビットバンク)が少しずつ注目を集めているのは間違いありません。

他の取引所と同じように、bitbank(ビットバンク)の口座開設方法も簡単です。

アカウントを開設してからSMS認証設定や二段階認証設定を行い、ビットコインやアルトコインの売買を始めることができます。

ここではbitbank(ビットバンク)の口座開設のやり方や流れを詳しく説明していますので、仮想通貨の取引を始める予定の方は一度目を通しておきましょう。

 

公式サイトにアクセスしてメールアドレス登録を行う

メールアドレスの登録

まず最初に、bitbank(ビットバンク)の公式サイトにアクセスしてメールアドレスの登録を行います。

上記のような画面が表示されますので、次の手順で登録を進めていきましょう。

  1. フォームの中にフリーメールなどのメールアドレスを入力する
  2. 「新規登録」のボタンをクリックする
  3. 「私はロボットではありません」にチェックを入れる
  4. 登録のアドレスにbitbank(ビットバンク)からメールが届く
  5. 表示されているURLをクリックして任意のパスワードを設定する
  6. 「パスワード再入力」に再度パスワードを間違えずに入力する
  7. 「利用規約」「取引ルール」「リスク事項」を読んで同意ボタンにチェックを入れる

これでアカウントの登録自体は完了ですね。

設定するパスワードは何でもOKですが、セキュリティを高めるために以下の点を押さえておく必要があります。

  • 少しでも長いパスワードを設定する(理想は40文字以上)
  • 大小の英字や数字、記号を全て混ぜる
  • GoogleChromeなどのブラウザにパスワードを保存しない

二段階認証だけではブルートフォースアタックで突破される可能性があるため、パスワードは大小の英字や数字を混ぜてなるべく長く設定しましょう。

他の仮想通貨取引所の口座を開設している方は、bitbank(ビットバンク)で設定するパスワードを変えるのが無難です。

 

基本情報や個人情報を入力する

基本情報の登録

bitbank(ビットバンク)へのアカウント登録が終わった後に、基本情報や個人情報を入力していきます。

以下では、bitbank(ビットバンク)の口座開設で入力が必要な項目をまとめてみました。

  • 氏名(フリガナ)
  • 生年月日
  • 都道府県
  • 住所
  • 取引目的
  • 職業
  • 外国PEPsであるか

全ての情報を入力した後に、下記のような画面が表示されます。

基本情報の登録

登録内容に誤りがないかどうか確認できた後に、「登録ボタン」を押して基本情報の登録は完了です。

画面には、「基本情報の登録が完了しました。本人確認を完了させる場合はこのまま本人確認書類のアップロードにお進みください。」と表示されますので、bitbank(ビットバンク)の本人確認も済ませましょう。

 

本人確認書類をアップロードする

bitbank(ビットバンク)の登録で基本情報や個人情報を入力した後は、本人確認書類をアップロードします。

全ての国内仮想通貨取引所では、本人確認書類を提出しないとビットコインやアルトコインの売買はできません。

「面倒だな~」と感じている方はいますが、写真はスマホで撮影したものでもOKですよ。

bitbank(ビットバンク)の本人確認書類のアップロードで、提出可能な書類は次の4つです。

  • 運転免許証(表面と裏面の両方)
  • パスポート(顔写真生年月日が記載されている部分と所持人)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面の両方)
  • 在留カード(表面と裏面の両方)

本人確認書類の画像は、本人確認書類表面の画像と本人確認書類裏面の画像の2枚が必要になります。

画像がぼやけていたり一部が欠けていたりすると、再提出を求められることがありますので注意しましょう。

本人確認書類のアップロードが完了すると、bitbank(ビットバンク)の画面上には「登録申請を受け付けました」「審査は1営業日を目処に行われます」と表示されます。

 

書類審査の完了後に取引可能!

書類審査が完了すると、bitbank(ビットバンク)の口座開設は完了で直ぐに仮想通貨の取引が可能です。

  • 審査は早ければ1営業日~2営業日で終わる
  • bitbank(ビットバンク)から登録の住所に転送不要の書留が送られてくる
  • ハガキに記載されているコードをマイページにログインして入力する

上記のように確認書類が届いてコードの入力が完了すれば、ビットコインやアルトコインを購入できるようになります。

bitbank(ビットバンク)はアカウント開設も本人確認書類の提出もネット上で行えますので、決して面倒な手続きではありません。

iPhoneアプリのリリースでシンプルに操作できるようになりましたので、仮想通貨取引所の選び方で迷っている方はbitbank(ビットバンク)を選んでみてください。

 

 

bitbank(ビットバンク)の評判&メリット・デメリットをまとめてみた

 

bitbank(ビットバンク)の口座開設にかかる時間や日数はどのくらい?

bitbank(ビットバンク)の口座開設にかかる時間や日数は、時期によって大きく変わります。

オンライン上での手続きに関しては、僅か数十分で完了です。

以下のものをあらかじめ用意していれば、スムーズにbitbank(ビットバンク)の口座開設ができますよ。

  • パソコンやスマートフォン
  • Gmailなどの登録用のフリーメール
  • 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の写真

時間がかかるケースがあるのは、bitbank(ビットバンク)から送られてくるハガキです。

ハガキなどの確認書類が届けられるまでの目安は1営業日~2営業日ですが、口コミによると「4営業日程度かかった」という意見がありました。

bitbank(ビットバンク)への申し込みが殺到していると遅れることがありますので、オンライン上での手続きが終わったら気長に待ちましょう。

 

bitbank(ビットバンク)の口座開設のキャンペーン情報

ビットバンクのキャンペーン

bitbank(ビットバンク)では2018年の8月現在で、口座開設のキャンペーンは実施されていません。

過去のキャンペーン情報も調べてみましたが、一度も行われていないようですね。

その代わりに、bitbank(ビットバンク)では取引手数料無料(ゼロ)キャンペーンが実施されています。

2017年の10月16日からずっと継続しているキャンペーンで、アカウントを登録した人にどのような特典があるのかまとめてみました。

  • 「XRP/JPY」「LTC/BTC」「ETH/BTC」「BTC/JPY」など全てのペアで売買手数料が無料
  • 板取引による取引手数料が発生しない(よりお得に仮想通貨の売買が可能)

通常であればビットコインやアルトコインを購入したり売却したりするに当たり、一定額の手数料を負担しないといけません。

しかし、取引手数料無料(ゼロ)キャンペーンが実施されている最中は、現物取引に限り全ての銘柄を無料で取引できます。

頻繁に売買する方や大きな金額の取引をする方に嬉しいキャンペーンですので、bitbank(ビットバンク)の口座を開設してみてください。

 

 

まとめ

以上のように、bitbank(ビットバンク)の口座開設のやり方や流れは非常に簡単です。

「公式サイトにアクセス」⇒「メールアドレスで登録」⇒「個人情報の入力」⇒「本人確認書類の提出」⇒「郵送物を待つ」という流れで、アカウントの登録と口座開設の両方が終わります。

口座開設までにかかる時間も短いので、国内の仮想通貨取引所の選び方で迷っている方はbitbank(ビットバンク)を利用してみましょう。



-bitbank

Copyright© ノーコイン・ノーフリーダム , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.