bitFlyer

ビットフライヤーを使ったビットコインの積立方法【メリットや手数料まとめ】

投稿日:

bitFlyer(ビットフライヤー)を使ったビットコインの積立方法

bitFlyer(ビットフライヤー)を使ったビットコインの積立方法

仮想通貨は短期売買したり長期保有したりと、様々な方法で投資できます。

「○○○が良い」とは特に決まっていないので、自分に合う投資スタイルを選ぶことから始めなければなりません。

中でもビットコインの積立はコツコツと資産を増やすことが可能で、取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)を利用できますよ。

特に難しい方法は必要なく、bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインを購入し続けるだけでOKです。

  • 毎月1万円でビットコインを積立投資をする
  • 同じ金額を購入し続けて長期保有する

上記のように自分でルールを設定し、ビットコインが値上がりするのを待ちます。

今は価格が下がってしまいましたが、ビットコインの将来性に期待して長期保有している方は少なくありません。

もちろん、1ヵ月間で5,000円など生活に負担をかけない金額の設定も可能で、とにかく簡単に仮想通貨をやりたい人にbitFlyer(ビットフライヤー)はおすすめです。

また、bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨の積立投資を始めるに当たり、ビットコインではなく次のアルトコインも使うことができます。

  • 希少性の高い通貨で投資する価値が大いにある「ビットコインキャッシュ」
  • アルトコインの中でも時価総額2位と人気を誇る「イーサリアム」
  • 国際送金の要になるとして世界の銀行が導入を表明している「リップル」
  • コミュニティやファンが多くて人気の高い「ネム」

自分の好きな仮想通貨を使って資産を積み上げていくだけですので、bitFlyer(ビットフライヤー)の積立方法が簡単なのは何となく想像できるのではないでしょうか。

仮想通貨全体のトレンドは右肩上がりが続いているため、bitFlyer(ビットフライヤー)の口座を開設してビットコインやアルトコインの積立投資を始めてみてください。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判&メリット・デメリットをまとめてみた

 

bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインを積立するメリットをまとめてみた

短期売買やFX取引と違い、bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインを積立するに当たってどんなメリットがあるのか疑問を抱えている方は少なくありません。

同じ仮想通貨を使った投資でも、短期売買と積立投資では大きな違いがありますね。

以下ではビットコインを積立するメリットを詳しくまとめていますので、bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨を購入する予定の方は参考にしてみましょう。

 

ビットコイン購入のリスクを分散できる

bitFlyer(ビットフライヤー)による積立投資が適しているのは、ビットコイン購入のリスクを分散できるからです。

仮想通貨を始めて購入する初心者で、こんな悩みを抱えている方はたくさんいます。

  • なるべく価格が低いタイミングで大量に購入したい
  • だけどベストなタイミングを見極めることができない

プロの投資家でも値動きを完全に把握するのは困難で、価格が上がってから購入して下がると損をします。

しかし、ビットコインの積立は毎月決められた金額のビットコインを購入するため、値動きを気にする必要はありません。

bitFlyer(ビットフライヤー)に限らず毎月決まった金額だけ購入する方法をドルコスト平均法と呼び、次のようなメリットがあります。

  • ビットコインの値段が変化しても日本円で一定額を購入する方法で、安い時には購入量が増えて逆に高い時には購入量が減る
  • 値段が下落した際の損失が少なく、高値掴みを避けてリスクを分散できる

ビットコインやアルトコインは値動きの幅が大きいからこそ、ドルコスト平均法は仮想通貨市場でピッタリの投資法なのです。

「積立投資を始めて数ヵ月はビットコインが値下がりしていましたが、最終的には値上がりして利益を得ることができました」と口コミを残している方はいました。

投資には少なからずリスクがありますので、そのリスクを回避するメリットがbitFlyer(ビットフライヤー)のビットコイン積立にありますよ。

 

焦って高値で買う失敗を防げる

焦って高値で買う失敗を防げる

bitFlyer(ビットフライヤー)のビットコイン積立は、焦って高値で買う失敗を防げるメリットがあります。

仮想通貨を始めたばかりの初心者で、次のような投資をする方は少なくありません。

  • 相場が上昇傾向で早く買わなければ間に合わないと焦って大量に購入する
  • 自分の買ったタイミングは一番の高値で、そこからズルズルと下がっていく
  • 含み損になる期間を味わい、これ以上損をしてはいけないと売却する

「焦って買う」⇒「焦って売る」というやり方ほど失敗に繋がりやすいので注意が必要ですよ。

一方で毎月一定額を購入するビットコインの積立であれば、値上がりしようが値下がりしようが金額は変わりません。

初心者が陥りやすい失敗を防ぐ意味でも、取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)を使った積立投資がおすすめです。

 

資金の少ない人でも投資できる

ビットコインを使った積立は、資金の少ない人でも投資できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)では月々1,000円から始められますので、多額の資金は必要ありません。

初めて仮想通貨を購入するに当たり、「損をしたらどうしよう・・・」と不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、1ヵ月で1,000円で良いと聞けば、社会人になりたての20代の若者でも気軽にbitFlyer(ビットフライヤー)のビットコイン積立を始められます。

 

手数料を考えるとビットコインの積立はbitFlyer(ビットフライヤー)よりもZaif(ザイフ)がおすすめ!

ビットコインの積立で発生する手数料を考えると、bitFlyer(ビットフライヤー)よりもZaif(ザイフ)の方がおすすめです。

国内の仮想通貨取引所の中でも、bitFlyer(ビットフライヤー)とZaif(ザイフ)はビットコインを使った積立投資ができます。

しかし、取引所によって発生する手数料が大きく違いますので注意しなければなりません。

1回当たりの金額は安いとしても、ビットコインの積立投資は長期間に渡って継続していきます。

つまり、数年間を超える投資では手数料が大事だと言っても過言ではなく、安いかどうかで利用する取引所を決めるべきですね。

以下では毎月3万円を1年間に渡って積み立てると仮定し、bitFlyer(ビットフライヤー)とZaif(ザイフ)でどの程度の差が出るのか検証してみました。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)では約10%の手数料で、3万円×10%で3,000円、1年間では36,000円の負担となる
  • Zaif(ザイフ)では1ヵ月の手数料が約2%と非常に安く、1ヵ月間で3万円×2.0%で600円、1年間では7,200円の負担となる

上記のようにZaif(ザイフ)の方が28,800円もお得ですので、bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインを積み立てるよりも良い理由はお分かり頂けるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内でビットコインの取引量がナンバーワンという実績がありますが、積立投資を始めるのであればZaif(ザイフ)も考慮すべきです。

 

 

Zaif(ザイフ)の評判&メリット・デメリットをまとめてみた

 

Zaif(ザイフ)のZaifコイン積立を始めるメリットはこれだ!

Zaif(ザイフ)のZaifコイン積立を始めるメリットはこれだ!

仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)では、ビットコインの積立専用のZaifコイン積立と呼ばれる制度が用意されています。

「ビットコインには興味があるけど売買のタイミングが分からない」と悩む方にピッタリで、Zaifコイン積立を始めるメリットをまとめてみました。

  • 一定金額を買い続けるドルコスト平均法の採用でローリスクで積み立てられる
  • 1ヵ月1,000円と少額から始めることが可能で、毎月27日に自動的に引き落とされる
  • 買い付けは自動で行われるため、自分で注文したり管理したりしなくても良い
  • 毎月の積立額が5万円以上だと手数料が1.5%と安い(3万円~4万9千円は2.0%、1万円~2万9千円は2.5%、3千円~9千円は3.5%、1千円~2千円は一律100円)

ハイリスクを避けながら長期投資ができますので、仮想通貨との相性は抜群です。

誰でも気軽に始められる方法ですので、Zaifコイン積立による投資をスタートしてみましょう。

 

まとめ

以上のように、短期売買とは違ったビットコインの積立投資についてまとめてみました。

bitFlyer(ビットフライヤー)でもビットコイン積立のメリットを得ることはできますが、Zaif(ザイフ)の方が手数料の負担を抑えられます。

もちろん、両方の仮想通貨取引所の口座を開設することもできますので、ビットコインを始める予定の方はbitFlyer(ビットフライヤー)とZaif(ザイフ)を利用してみてください。



-bitFlyer

Copyright© ノーコイン・ノーフリーダム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.