bitFlyer

ビットフライヤーで本人確認書類をアップロードするメリットと承認されるまでの時間

投稿日:

bitFlyer(ビットフライヤー)で本人確認書類をアップロードするメリット

bitFlyer(ビットフライヤー)で本人確認書類をアップロードするメリット

仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)の口座やアカウントを開設するに当たり、必要なものは自分で用意したメールアドレスです。

GmailやYahoo!メールなどフリーメールを使えますが、同時に本人確認書類をアップロードしなければなりません。

bitFlyer(ビットフライヤー)で本人確認書類をアップロードするメリットは、アカウントクラスのグレードアップです。

例えば、bitFlyer(ビットフライヤー)を使って次の取引や売買を行いたいと考えるとします。

  • ビットコインを取引所形式で購入したい
  • アルトコインを販売所形式で購入したい
  • ビットコインを使ってレバレッジ取引をしたい

仮想通貨の取引や売買をするには、アカウントクラスをウォレットクラスからトレードクラスにグレードアップさせる手続きが必要ですよ。

そのための手続きが本人確認書類の提出で、ウォレットクラスではできなかった取引所や販売所の利用やFX取引の「bitFlyer Lightning」を始められます。

bitFlyer(ビットフライヤー)のトレードクラスへの変更方法は以下のページで詳しく説明していますので、ビットコインの取引や売買を考えている方は参考にしてみてください。

 

ビットフライヤーの新しいアカウントクラス・トレードクラスへの変更や登録の方法

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認で使える書類一覧

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認書類はわざわざ郵送する必要はなく、Web上でアップロードするだけですので難しくありません。

しかも、本人確認で使える書類は次のようにたくさんあります。

 

運転免許証

表面だけではなく裏面も提出する
資料全面が鮮明に写るようにする
住所や生年月日が鮮明に記載されていることを確認する

パスポート(日本国が発行する旅券)

顔写真面と所持人記入欄の両方を提出する
旅券番号が鮮明に表示されている
有効期限内かどうかチェックする

個人番号カード

裏面は不要で表面だけをアップロードすれば良い
住所や氏名などの個人情報が鮮明に記載されている
顔写真の入っていないマイナンバー通知カードはNG

住民基本台帳カード(顔写真あり)

表面だけではなく裏面も提出する
発行元の地方自治体名がきちんと表示されている

各種健康保険証・共済組合会員証

現在のお住まいの住所が記載されている
住所が複数記載されている場合は旧住所に二重線を引く
有効期限内のものか確認する

各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等)

平成9年以降に発行した年金手帳は受理できない
変更された場合は変更日付が記載されているのが条件

印鑑登録証明書

発行されてから6ヵ月以内のものに限る
印章が鮮明に写っていることを確認する

住民票の写し

発行されてから6ヵ月以内のものに限る
発行された全てのページを提出する

在留カード

表面だけではなく裏面も提出する
記号番号が鮮明に記載されている

特別永住者証明書

表面だけではなく裏面も提出する
資料全面が鮮明に写るように提出する

 

これらの本人確認書類の中から一つを選び、Web上でアップロードしてbitFlyer(ビットフライヤー)から住所確認の書類が送られて受理が確認されると取引を開始できます。

国内で大手の仮想通貨取引所とbitFlyer(ビットフライヤー)は知名度が高いですし、ビットコインを購入するだけではなくレバレッジをかけたFX取引ができるのも魅力的ですね。

仮想通貨は今からでも決して遅くはないので、まずはbitFlyer(ビットフライヤー)の口座やアカウントを作成してみてください。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判&メリット・デメリットをまとめてみた

 

bitFlyer(ビットフライヤー)で本人確認書類を提出する方法や流れ

bitFlyer(ビットフライヤー)で本人確認書類を提出する方法や流れ

基本的にbitFlyer(ビットフライヤー)では、運転免許証やパスポートなど写真付きの証明書を使えば本人確認が可能です。

以下ではbitFlyer(ビットフライヤー)で本人確認書類を提出する方法や流れをまとめていますので、口座開設をした後にWeb上で手続きしましょう。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)の公式ホームページにアクセスする
  2. 登録時に設定したEメールアドレスとパスワードを入力してマイページにログインする
  3. 左側のメニューから「設定」⇒「bitFlyerアカウントご登録内容」を進める
  4. 「名前」「生年月日」「住所」「携帯電話」などの個人情報を入力し、間違いがなければ「ご本人情報を入力する」をクリックする
  5. 登録完了の画面が表示されたら「続けて本人確認資料を提出する」をクリックする
  6. 中央の「書類の種類を選択する」で運転免許証やパスポートからお好きなものを選択する
  7. 右側に表示されている写真を参考にして画像ファイルをアップロードする
  8. 画像ファイルは10MB以下のJPG形式やPNG形式が指定されていて、表面と裏面の両方が必要となる
  9. アップロードが完了した後に「ご本人確認書類を提出する」をクリックして次に進む
  10. 自分の職業や取引の目的を複数の選択肢の中から選んでチェックを入れる

個人情報を入力したり画像ファイルをアップロードしたりするだけですので、本人確認の方法は難しくありません。

本人確認が終わったら銀行口座情報を登録し、日本円を入金してビットコインやアルトコインを実際に購入してみてください。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認が承認される時間の目安

bitFlyer(ビットフライヤー)で本人確認を行い、承認されるまでの時間の目安は1日~3日程度です。

混雑状況によって変わりますので一概には説明できないものの、本人確認が終わった翌日にはbitFlyer(ビットフライヤー)から次の内容のメールが届きます。

  • ○○○様のアカウントがトレードクラスにアップグレードされました
  • トレードクラスでできることや利用制限は下記をご参照ください
  • 今後ともbitFlyerをよろしくお願いいたします

メールが届いた数日後には書留郵便ではがきが届きますので、忘れずに受け取りましょう。

仮想通貨の取引自体はメールが届いて本人確認が承認された段階で可能ですが、はがきの受け取りを忘れるとやり直しになる恐れがありますので注意が必要ですよ。

また、仮想通貨の売買をするための銀行口座は、入力した本人情報の名義と同じものを登録しなければならないので気を付けてください。

 

まとめ

「写真付きの本人確認書類を用意する」「表面と裏面の両方の画像ファイルをアップロードする」という2点を押さえておけば、直ぐにbitFlyer(ビットフライヤー)で取引を始められます。

土日を跨ぐ場合は多少は遅れることがありますが、基本的に承認されるまでの時間は1日~3日とスピーディーな対応を心掛けてくれるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内で最も取引量の多い安全な仮想通貨取引所ですので、ビットコインの売買を始めたい方は口座を開設してみてください。



-bitFlyer

Copyright© ノーコイン・ノーフリーダム , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.