bitFlyer

ビットフライヤー二段階認証の設定や解除の方法・メールやSMSが届かない原因

更新日:

仮想通貨の取引所で二段階認証を設定する理由

仮想通貨の取引所で二段階認証を設定する理由

仮想通貨の取引所を利用するに当たり、皆さんは二段階認証を設定していますか?

どの取引所でもメールアドレスさえあれば登録できますが、まず最初に二段階認証(2FA)を設定しなければなりません。

なぜ二段階認証を設定した方が良いのか、幾つかの理由について見ていきましょう。

  • アクセスに使用する画面とは別の手段でなければ確認できないパスワードを利用してセキュリティを高める
  • 認証プロセスを追加してアプリへと不正にログインされるのを防ぐ

セキュリティ面に用心深い方やリテラシーに敏感な人であれば、取引所を利用する際に忘れずに設定していますよ。

近年ではサイバー犯罪の手口が巧妙化していて、「ゲームアプリを装ってダウンロードする」⇒「入力されたパスワードを読み取る」といったことができるようになりました。

仮想通貨が盗まれても誰も責任を取ってくれないため、少しでもセキュリティを高める目的で二段階認証をすべきです。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証は3つの方法から選択可能!

大手の国内取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)では、当然のように二段階認証を設定できます。

通常のメールアドレスやパスワードを使ったログインに加えて確認コードの認証を加えることにより、セキュリティ強度のレベルアップが可能ですね。

ログインするに当たって2回の認証が必要となるため、二段階認証と呼ばれています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証は3つの方法から選択可能で、それぞれの違いを簡単にまとめてみました。

  • Google Authenticatorをダウンロードし、30秒毎に生成されるトークンコードを入力する認証アプリを使う
  • ショートメールサービスのSMSを携帯電話やスマホで受け取る
  • ログイン時に届くメールのリンクからログインの認証を行う

不正ログインによる被害も報告されていますので、安全にbitFlyer(ビットフライヤー)を利用して仮想通貨の売買をしたいのであればこれらの二段階認証はマストですよ。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証の設定方法をチェック!

bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証の設定方法をチェック!

bitFlyer(ビットフライヤー)で二段階認証を設定するに当たり、メールの使用はあまりおすすめできません。

それはハッカーなど他人にメールアドレスが盗られた場合、簡単にアカウントを乗っ取られてしまうからです。

そのため、セキュリティを高めたい方は、認証アプリを使った方法を選択しましょう。

認証アプリを使うと、お使いのスマホからインストールしてQRコードを読み取り、確認コードを取得する流れとなります。

以下ではbitFlyer(ビットフライヤー)で認証アプリを使った二段階認証の設定手順をまとめていますので、まだ設定していない方は確認しておいてください。

  1. お使いのスマホでiPhone版の「Google Authenticator」やAndroid版の「Google 認証システム」をインストールする
  2. Google Authenticatorアプリをダウンロードしたらメールアドレスとパスワードを入力してbitFlyer(ビットフライヤー)へとログインする
  3. 画面右下の「二段階認証」をクリックして画面が移るのを待つ
  4. 「二段階認証設定を変更する」と記載されているボタンをクリックする
  5. 「認証アプリを使う」にチェックを入れてその画面を放置する
  6. アプリのGoogle Authenticatorを起動して「バーコードをスキャン」をタップする
  7. アプリ内のカメラ機能が立ち上がるので、bitFlyer(ビットフライヤー)の先ほどの画面のQRコードを読み込ませる
  8. 自動的に確認コードがアプリ内に表示されるので数字を入力する
  9. 最後に「二段階認証を設定する」をクリックして完了
  10. アカウント情報の項目が「設定済み」の無色へと変化している

次回からbitFlyer(ビットフライヤー)へとログインする際は、スマホでアプリのGoogle Authenticatorを起動させて今の認証コードがどうなっているのか確認します。

「面倒だな~」と感じている人はいますが、携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)やメールよりも遥かにセキュリティ性が高いので、専用のスマホアプリを活用しましょう。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判&メリット・デメリットをまとめてみた

 

二段階認証の後に4桁の暗証番号を設定しよう

二段階認証の後に4桁の暗証番号を設定しよう

bitFlyer(ビットフライヤー)で二段階認証の設定が終わった後は、4桁の暗証番号の設定が求められます。

暗証番号の設定は次のようにとても簡単ですよ。

  1. 上記のように「続けて暗証番号(4桁)を設定する」というボタンをクリックする
  2. 仮想通貨を外部へと送付する際や二段階認証の設定を更新する際に入力が必要となる
  3. 推測されやすい番号を避けて自分でお好きな4桁の数字をフォームへと入力する
  4. 画面上に「設定は完了しました」と表示されていればOK

パソコンでもスマホでも基本的な流れは一緒で、オンライン上で二段階認証や暗証番号の設定ができます。

あなたの資産を守るために必須の機能ですので、bitFlyer(ビットフライヤー)以外の仮想通貨取引所を利用している方も忘れずに設定してください。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証を解除できる?

bitFlyer(ビットフライヤー)ではセキュリティ面から、二段階認証を一度設定すると完全には解除できません。

  • 今まで設定していた方法が面倒になった
  • もう少し簡単な二段階認証にしたい

このように考えている方はbitFlyer(ビットフライヤー)のマイページへとアクセスし、二段階認証の設定を変更する必要がありますね。

以下では二段階認証の設定の変更方法を説明していますので、解除したい機能がある時に試してみましょう。

  1. メールアドレスとパスワードを入力してbitFlyer(ビットフライヤー)へとログインする
  2. トップページの右上にある「設定」というボタンをクリックする
  3. 画面下のセキュリティ設定から「二段階認証を変更する」をクリックする
  4. 確認コードの取得方法の「認証アプリを使う」「携帯電話のSMSで受け取る」「メールで受け取る」からお好きな方法へと変更する
  5. 「いつ使用するか」の欄で、「ログイン時」「外部アドレスの登録時」「日本円の出金時」の中から必要なところにチェックを入れる
  6. スマホアプリの「Google Authenticator」を起動してQRコードを表示させる
  7. パソコン画面の「確認コードを入力」の欄にコードを入力する
  8. 最後に「二段階認証を設定する」というボタンをクリックして完了

スマートフォンをなくしてログインできない時は、bitFlyer(ビットフライヤー)のサポートセンターへと問い合わせます。

電話で本人確認を行い、特に問題がなければbitFlyer(ビットフライヤー)側で設定を解除してくれますので安心ですよ。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)からメールやSMSが届かない原因

bitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証のためにメールやSMSを設定したのにも関わらず、「中々届かないのはなぜ?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

以下では、bitFlyer(ビットフライヤー)からメールやSMSが届かない原因を幾つか挙げてみました。

  • インターネットへと繋がる環境にいない(圏外になっている)
  • 携帯キャリア側で海外からのSMSの受信を拒否する設定になっている
  • 古い携帯電話やPHS端末を使っていてシステムに対応していない

古い端末を使っているユーザーのTwitterを見てみると、SMSでメッセージが届かないトラブルが起こるようです。

この点は致し方ないので、好きな場所でスマホを使って仮想通貨の売買をしたい方は新しい端末へと買い替えましょう。

それ以外の原因としては、携帯キャリア側の設定に何かしらの問題があると考えられますね。

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内ではなく海外のサーバーからSMSを送信していますので、SMSの受信拒否設定をお持ちの端末で変えてください。

 

まとめ

以上のように、セキュリティ強度を高めるためにbitFlyer(ビットフライヤー)の二段階認証の設定方法についてまとめてみました。

手順通りに設定をしていれば、何も難しいことはありませんよ。

しかし、仮想通貨取引をしていると何かと分からない部分や疑問点が出てきますので、そんな時はbitFlyer(ビットフライヤー)のサポートサービスを利用すべきです。

bitFlyer(ビットフライヤー)へと直接問い合わせることができますので、問題が発生した場合に活用してみてください。



-bitFlyer

Copyright© ノーコイン・ノーフリーダム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.