bitFlyer

ビットフライヤーの入金方法【銀行振込・クイック入金・仮想通貨入金の違い!】

投稿日:

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法は3種類!

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法は3種類!

仮想通貨取引所でビットコインやアルトコインを購入するには、アカウントに日本円が入っていなければなりません。

そのため、口座開設をした後は日本円を入金しなければならず、国内取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)も一緒ですね。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトから口座開設を行う
  2. お好きな方法から選んで日本円を入金する
  3. マイページで日本円が入金されているのを確認する
  4. 販売所や取引所で仮想通貨を購入する

上記のような流れで、bitFlyer(ビットフライヤー)を利用してビットコインやアルトコインの売買ができます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法は大きく分けて全部で3種類で、このページではそれぞれの違いをまとめてみました。

入金方法別でメリットやデメリットが異なりますので、仮想通貨の購入を考えている方は一度目を通しておきましょう。

※まだbitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設が済んでいない方は、以下のページをご覧になってみてください。

 

 

ビットフライヤー口座開設の方法や手順、日数・期間を解説します

 

最も安全性の高い銀行振込

最も安全性の高い銀行振込

日本円をbitFlyer(ビットフライヤー)のウォレットに入金するに当たり、銀行振込は最も安全性の高い方法となっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)を利用する際に銀行口座を登録していると思いますので、手続きの流れは次のようにとても簡単ですよ。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)のマイページにアクセスする
  2. メニューの中から「入出金」をクリックする
  3. 「日本円ご入金」を選択して三井住友銀行か住信SBIネット銀行に振り込む
  4. 振込先名義はどちらの場合も「カ)ビットフライヤー」となる

まだ口座情報の登録が済んでいない人は、「銀行口座情報を入力する」をクリックして次の項目をフォームの中に入力しましょう。

  • 銀行名
  • 支店名
  • 種別
  • 口座番号
  • 口座名義

登録しているメールアドレスにbitFlyer(ビットフライヤー)からメールが届けば手続きは完了です。

他の入金方法と比較して反映されるまでに時間がかかりますが、銀行振込は最もオーソドックスな方法で手数料が安いというメリットがあります。

 

24時間365日リアルタイムで利用できるクイック入金

bitFlyer(ビットフライヤー)では、24時間365日リアルタイムで利用できるクイック入金が可能です。

Pay-easy(ペイジー)やコンビニを利用した方法で、手続きをしてから僅か数分で反映されます。

どこからでも振り込める手軽さや利便性で、クイック入金を利用して仮想通貨の売買をしている人は多いのではないでしょうか。

bitFlyer(ビットフライヤー)のクイック入金は、次の4種類から自由に選択できますよ。

  • Pay-easy(ペイジー)を利用したインターネットバンキングによる入金
  • じぶん銀行や住信SBIネット銀行など金融機関を利用した入金
  • お近くのペイジー決済ができる銀行ATMを使った入金
  • コンビニの店頭の発券機で申し込み券を発行した後にレジで手続きを済ませるコンビニ入金

インターネットバンキングを利用すればスピーディーに入金できますので、「狙っている仮想通貨がチャンスだから今直ぐに購入したい!」という時におすすめです。

ただし、bitFlyer(ビットフライヤー)のクイック入金を利用する場合、日本円の出金やbitWire機能など、7日間は入金した金額の資産の移動が制限されますので注意しなければなりません。

以下ではクイック入金の方法別の詳しいやり方を説明していますので、一度目を通しておいてください。

 

インターネットバンキングによる入金

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)にログインして左側のメニューの「入出金」をクリックする
  2. 「クイック入金」を選んで利用する銀行と入金額を選択する
  3. 内容を確認した後に「ネットバンキング」をクリックする
  4. 利用するネット銀行を選ぶと振込方法が表示される
  5. 振込の期限までに入金の処理を行う

 

銀行ATMによる入金

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)にログインして「入出金」をクリックする
  2. 「クイック入金」⇒「銀行ATMから入金する」と進める
  3. Pay-easy(ペイジー)マークをクリックすると決済申込確認が表示される
  4. 金額に間違いがないと確認したら「同意して次へ」をクリックする
  5. 「収納期間番号」「お客様番号」「確認番号」など支払い方法の内容を確認する
  6. Pay-easy(ペイジー)に対応しているATMを利用して入金の手続きをする

 

コンビニによる入金

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)にログインして「入出金」をクリックする
  2. クイック入金を選んで入金額を打ち込んだ後に「コンビニから入金する」を押す
  3. お客様番号や確認番号などお支払い内容を確認して「コンビニ」を選択する
  4. 対応するコンビニで必要であれば店頭の発券機で申し込み券を発行する
  5. レジに直行して支払いを済ませれば入金は完了

 

仮想通貨を使った入金(預入)

仮想通貨を使った入金(預入)

銀行振込とクイック入金に加えて、bitFlyer(ビットフライヤー)では仮想通貨を使った入金も選択できます。

仮想通貨の預入と考えると分かりやすく、取り扱っているビットコインやイーサリアム、ライトコインなどを他のウォレットから移動する仕組みですね。

bitFlyer(ビットフライヤー)の仮想通貨を使った入金にどんな特徴があるのか簡単にまとめてみました。

  • 通貨に合わせて送り主に対して手数料が発生する
  • QRコードをスキャンしたり割り振られたアドレスを入力したりして入金する
  • 不正が行われないように審査が入る(1時間~数日程度待つ必要がある)

スピーディーに入金したい人には向いていませんが、仮想通貨を他のウォレットから入金する方法もあると押さえておきましょう。

※bitFlyer(ビットフライヤー)で取り扱っている仮想通貨の種類に関しては以下のページでも詳しく説明しています。

 

ビットフライヤーの取り扱い通貨【今後の銘柄追加の予定!】

 

bitFlyer(ビットフライヤー)で日本円を入金する上で押さえておきたい注意点

bitFlyer(ビットフライヤー)で日本円を入金する上で押さえておきたい注意点

このページでは、bitFlyer(ビットフライヤー)で日本円を入金する上で押さえておきたい注意点をご紹介しています。

ビットコインやアルトコインの売買をスムーズに行うためにも、事前にきちんと確認しておいてください。

 

本人確認を済ませなければ仮想通貨の売買ができない

銀行振込やクイック入金を使って日本円を入金しても、bitFlyer(ビットフライヤー)で本人確認を済ませなければ仮想通貨の売買はできません。

新規で口座を登録した時はアカウントクラスとなっていますが、トレードクラスにアップグレードしなければ売買や取引ができないと決められています。

以下ではbitFlyer(ビットフライヤー)の本人確認で何をすれば良いのかまとめてみました。

  • 氏名や性別、生年月日などの個人情報をフォームに入力する
  • 運転免許証などの本人確認書類を提出する
  • 身分証明書とあなたが一緒に写っている画像のIDセルフィーを提出する
  • 銀行名や支店名など銀行口座情報を入力する
  • 本人確認完了のハガキをbitFlyer(ビットフライヤー)から受け取る

本人確認で使える書類の種類や具体的な手順に関しては下記のページで詳しく説明していますので、日本円を入金する前に目を通しておきましょう。

 

ビットフライヤーで本人確認書類をアップロードするメリットと承認されるまでの時間

 

入金のやり方で発生する手数料に違いがある

入金のやり方で発生する手数料に違いがあるのは、押さえておきたい注意点の一つですね。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金の方法別で、次の手数料が発生すると決められていました。

  • 銀行入金の手数料は0円(銀行に支払う手数料として200円~500円がかかる)
  • クイック入金はコンビニでも銀行ATMでも一律324円
  • 仮想通貨入金はビットコインの場合で約0.0001BTC(約25円)

「少しでも手数料を安く抑えたい」と考えている方には、銀行振込による入金方法がおすすめです。

リアルタイムで入金できるクイック入金はとても便利な機能ですが、324円という金額は1回当たりの費用となっています。

つまり、何度も手続きをしていると無駄な出費が増えてしまいますので、bitFlyer(ビットフライヤー)のクイック入金は計画的に利用してください。

 

ウォレット内に入金されるまでのスピードが異なる

bitFlyer(ビットフライヤー)のマイページで入金作業をしても、全ての方法で即時で入金されるわけではありません。

ウォレット内に入金されるまでのスピードは、次のようにやり方によって違いがあります。

  • 銀行振込は営業日の関係でタイミングによっては翌日や翌営業日になる
  • クイック入金は基本的に数時間程度で反映される
  • 仮想通貨入金はセキュリティの関係上ある程度の時間がかかる

いち早く入金して仮想通貨の売買を始めたい方は、bitFlyer(ビットフライヤー)のクイック入金を選択しましょう。

銀行振込による入金は、手数料が安い代わりに反映されるまでのスピードが遅いというデメリットがありますよ。

 

クイック入金の利用時に一定のサービスが制限される

24時間リアルタイムで入金できることで、bitFlyer(ビットフライヤー)のクイック入金を利用している方は増えました。

しかし、クイック入金の利用時に次のサービスが制限されますので注意が必要です。

  • 日本円ご出金
  • 仮想通貨ご送付
  • bitWire
  • ビットコインをつかう
  • Pay

サービスの制限があるのはセキュリティの向上が理由で、クイック入金の手続きをしてから7日間が対象となります。

とは言え、ビットコインやアルトコインなど仮想通貨の売買は今までと同じように問題なく利用できますので安心してください。

 

コンビニ入金はデメリットが多い

他の方法と比較してみて、コンビニ入金は以下のようにデメリットが多いので気を付けなければなりません。

  • セブンイレブンなど一部使えないコンビニがある
  • 発生する手数料が高めに設定されている
  • 現金しか使うことができない
  • 7日間は仮想通貨を他の取引所に送金できない

コンビニを使って日本円を入金し、bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨を購入する場合は様々な制約が出てきます。

そこまで急いでいないのであれば銀行振込による入金や、インターネットバンキングなど他のクイック入金を選ぶべきですね。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)で入金が反映されない原因をまとめてみた

クイック入金を利用した場合は、bitFlyer(ビットフライヤー)に直ぐに反映されるのが特徴です。

発生する手数料が高いというデメリットはありますが、スピーディーに取引をしたい時に重宝します。

しかし、銀行振込の場合は少し違いますので、bitFlyer(ビットフライヤー)で入金が反映されない原因をまとめてみました。

  • 「毎月5・10日」「週始め」「祝日明け」などの繁盛期は反映までに時間がかかりやすい
  • 銀行の営業時間外に振り込み作業をすると遅くなる
  • 本人以外の名義を使って振り込んでしまった
  • 住信SBIネット銀行を利用する際に口座名義の頭にID(5桁の数字)を入力しなかった

土日に営業していない銀行は多く、入金がいつまで経っても反映されないのではなく一定の時間がかかりやすいと心得ておかなければなりません。

「正しい方法でbitFlyer(ビットフライヤー)で入金の手続きをしたけれど、数日間が経過しても中々反映されない」といったトラブルが起こった時は、サポートセンターに問い合わせてみましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトにアクセスし、氏名やアカウントIDなどの情報を入力してメールを送信するだけでOKです。

 

まとめ

bitFlyer(ビットフライヤー)で日本円を入金した後は、ビットコインやアルトコインなど自分の好きな仮想通貨を購入できます。

「結局どの方法が良いの?」と迷っている方はいますが、仮想通貨入金を省けば次のように何を重視するのかで変わるのではないでしょうか。

  • 手数料を安く済ませたいのであれば銀行振込による入金
  • スピードの速さを意識するのであればクイック入金

どの方法もやり方さえ把握すれば手続き自体はとても簡単ですので、目的に合わせて入金方法を変えてbitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨の売買や取引を始めてみてください。



-bitFlyer

Copyright© ノーコイン・ノーフリーダム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.