仮想通貨の投資方法

【何を買えばいい?】仮想通貨初心者におすすめの買い方・やり方

更新日:

2018年に入っても引き続き膨張している仮想通貨市場。衰えるどころか、資金の流入は日増しに伸びています。仮想通貨が儲かるという噂を聞きつけて、新たに参入する方が押し寄せているのでしょう。

 

但し、仮想通貨市場は株式市場とは異なり投資家保護の法整備が整っていないためインサイダーでも何でもアリの状況です。中には詐欺のような銘柄もありますし、そういうクソみたいなコインを買い煽る悪質なインフルエンサーも存在します。

 

一発当てればデカいのは間違いありませんが、魑魅魍魎が跋扈する相場であることを忘れてはいけません。そこで、この記事では仮想通貨初心者におすすめの銘柄、買い方・やり方をご紹介します。

 

仮想通貨初心者は何を買えばいい?

 

一口に仮想通貨と言っても、その数は2,000種類以上あると言われています。実際に日本の取引所・販売所で売買できる銘柄はもっと少ないのですが、それにしても多過ぎて何を買ったらいいのかわからなくなりますよね。

 

仮想通貨初心者であれば、まずは時価総額が大きくて取引量も多いメジャーな銘柄に投資することをおすすめします。

 

仮想通貨への投資はリスクがありますが、その中では比較的安定しているからです。ネット上では時価総額が小さくて取引量も少ないマイナーな銘柄(通称:草コイン)をおすすめする方もいます。これは、マイナーな銘柄の方が今後の値上がりが期待できるからでしょう。

 

但し、草コインは超ハイリスク・ハイリターンであることを忘れてはいけません。(承知の上でギャンブルするのは止めません)

 

株で言えば、大企業であるトヨタ自動車やNTTではなく、海のものとも山のものともつかないベンチャー企業に投資するようなものです。いや、仕手集団の暗躍っぷりで言えば海外の未公開株に投資をするようなものだと思います。

 

仮想通貨初心者の場合、まずはメジャーな銘柄で投資自体に慣れた方が良いでしょう。過去を振り返れば、それでも十分な値上がりをしてきました。草コインには草コインの魅力がありますが、余裕が出てきたら手を出す程度が良いかもしれません。

 

①仮想通貨界の基軸通貨・ビットコイン(BTC)

まずは、みんな大好きビットコインです。時価総額・取引量ともに最大の仮想通貨です。2017年は約15倍になりました。

 

これから短期間で更に10倍、100倍になる可能性は低いかもしれませんが、ビットコインは仮想通貨界の基軸通貨です。ビットコイン以外のアルトコインを購入する際にも必要になることから、その需要がなくなることはないでしょう。

 

ビットコインは世界最古の仮想通貨であり、セキュリティ上の不備もなく、これまで長い期間使用されてきました。そして、他のアルトコインよりも圧倒的に大きな開発者のエコシステム、取引所・販売所、加盟店、ハードウェア・ソフトウェアを有しています。

 

今後、アルトコインの追い上げはあると思いますが、基軸通貨としての優位性はめちゃくちゃ大きいのです。日本で最大の仮想通貨取引所・販売所であるビットフライヤーの加納社長も以下のような発言をしています。

 

 

おすすめの取引所・販売所

仮想通貨初心者がビットコインを取引するならビットフライヤー(bitFlyer)がおすすめです。国内で唯一、日本円の入出金に対する盗難補償サービスがあります。最短即日で購入可能。

公式 bitFlyerの口座開設はこちら

 

②分散型アプリケーションのプラットフォーム・イーサリアム(ETH)

イーサリアムはビットコインの次に時価総額・取引量の大きな仮想通貨です。それでも2017年は90倍以上に値上がりしました。

 

イーサリアムはビットコイン同様ブロックチェーンの暗号技術を利用している仮想通貨ですが、ビットコインよりも機能面で拡張されています。通貨として決済のために利用されるだけではなく、分散型アプリケーションのプラットフォームとして開発されました。最大の特徴は「スマートコントラクト(Smart Contract)」です。
 

スマートコントラクト(Smart Contract)とは、契約の条件確認や履行などを自動化することです。詳細は別の記事で解説しますが、インターネット上の電子商取引が中央による管理なしで実現・保護されるセキュリティ機能、といった理解で良いと思います。

 

どんどん実用化されている割には過小評価されているような気もします。有象無象の仮想通貨ですが、イーサリアムは間違いなく生き残るでしょう。

 

おすすめの取引所・販売所

イーサリアムを取引するなら販売手数料無料のZaif(ザイフ)がおすすめです。イーサリアムの現物取引が無料なのはここだけ。

公式 Zaifの口座開設はこちら

 

③銀行間送金に採用?!リップル(XRP)

リップルは3番目に時価総額・取引量の大きな仮想通貨です。なんと、2017年は330倍以上も値上がりしました。

 

リップルは、ビットコインの致命的な弱点であるスケーラビリティや消費電力といった問題を克服しており、ビットコインでは平均10分程度かかっていた決済を数秒で行うことができます。

 

また、上述したビットコインやイーサリアムとは異なる点として、アメリカのリップル社(Ripple Inc.)によって開発が行われています。そういう意味では中央集権的なのですが、リップル社(Ripple Inc.)の政治力は強みでもあります。

 

既に世界中の金融機関との提携を進めており、国内でも三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行などがリップル・プラットフォームの採用を表明しています。

 

※銀行が採用するのはリップル・プラットフォームであり、XRPを直接的に使用するわけではありません。

 

おすすめの取引所・販売所

リップルを取引するなら販売手数料無料のCoincheck(コインチェック)がおすすめです。最短即日で購入できます。

公式 Coincheckの口座開設はこちら

 

仮想通貨初心者におすすめの買い方・やり方

この記事では、仮想通貨初心者におすすめの銘柄としてビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)をご紹介しました。どれも時価総額・取引量共に文句なしのメジャーな銘柄です。

 

仮想通貨投資に際して、1つの銘柄に集中投資をするのもアリですが、複数の銘柄に分散投資するのもいいと思います。そのうちのどれかが値上がりすれば十分な恩恵を受けられますので。

 

【仮想通貨】大成功したいなら集中投資、失敗したくないなら分散投資

 

仮想通貨取引所はどこがいい?

仮想通貨投資を始めるためには取引所・販売所に口座を開設する必要があります。基本的には国内の大手取引所・販売所を使うのがいいでしょう。日本の仮想通貨交換業者は金融庁から認可を受けているため安心です。

 

手数料の安さや取り扱い銘柄数を考えれば海外の取引所という選択肢もあります。ただ、入出金のトラブルや問題が発生した際には英語でやり取りをしなければいけません。もちろん、銀行や証券会社とは異なり保証はないです。

 

購入した仮想通貨を取引所ではなくウォレットに預けておけば倒産のリスクなどはヘッジできますが、いずれにしても海外の取引所は中級者・上級者向きだと思います。メリット・デメリットありますので自己責任ですが、慣れるまでは日本の取引所・販売所を使うのがおすすめです。

仮想通貨デビューするなら!

↓最短即日で口座開設(入出金)できる取引所です。
国内(世界)で唯一、不正な出金を保障してくれるので初心者にオススメです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

↓取り扱い銘柄が多い&最も手数料が安い取引所です。
口座開設に時間がかかるので早目に登録しておくことをオススメします。

 

-仮想通貨の投資方法

Copyright© ノーコイン・ノーフリーダム , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.