Zaif

【2018年最新版】Zaif(ザイフ)のトークンを保有するメリット!取引できる種類や購入方法は?

投稿日:

Zaif(ザイフ)のトークンを保有するメリット

Zaif(ザイフ)のトークンを保有するメリット

仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)では、ビットコインやアルトコインの他にトークンを購入できます。

Zaifトークンは何かと話題性のある通貨ですので、「今までにどんな変動があったの?」「今後の価格はどうなの?」と注目している人は多いのではないでしょうか。

そもそも、トークンとは何のことを指すのか簡単にまとめてみました。

  • 既存のブロックチェーン上で作成された独自の通貨のこと
  • モノやサービスと交換される代用貨幣のような存在

仮想通貨が新規のブロックチェーンの技術上で使われている基軸通貨なのに対して、トークンは既存のブロックチェーン技術を利用して発行されているのが大きな違いですね。

Zaif(ザイフ)のトークンは運営元であるテックビューロ株式会社が独自に発行しているのが特徴で、2016年の7月に上場してから取引されるようになりました。

他のトークンと違い、Zaifトークンを保有するに当たってどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 国内大手の取引所のZaif(ザイフ)が発行している安心感がある
  • 取引高や保有量のランキングで上位にCOMSAトークンを配布するキャンペーンが実施されている
  • ライバルと勾魂トークンを交換手段にして使うことができる
  • 2017年の後半から価格が爆上がりしている(将来性が期待できる)

価格の高騰や将来性の期待できる通貨ですので、ビットコインやアルトコインではなくZaif(ザイフ)のトークンに投資するのは選択肢の一つです。

 

 

Zaif(ザイフ)の評判&メリット・デメリットをまとめてみた

 

Zaif(ザイフ)のトークンの使い道は?

Zaif(ザイフ)のトークンの使い道は?

ビットコインを中心とする仮想通貨の使い道は、次のようにたくさんあります。

  • 投資や取引に利用して儲けることができる
  • サービスの支払いや商品の購入ができる
  • 寄付や募金として使用する

仮想通貨が広まりつつある現在では、ビットコインを使って決済ができる実店舗の種類は増え始めました。

Zaif(ザイフ)のトークンはカウンターパーティ(CounterParty)のブロックチェーンを利用して発行されているのが特徴で、同じように値上がりを狙って投資する使い道が一般的ですね。

しかし、ビットコインと比較してみると投資以外の使い道は、Zaif(ザイフ)のチャットでチップとして送るくらいしかありません。

以前は賞金としてZaif(ザイフ)のトークンが貰えるキャンペーンやイベントが実施されていたものの、2018年の5月現在では終了していますので、投資の手段として利用するしかなさそうです。

 

Zaif(ザイフ)のトークンが過去に価格が高騰している理由

「使い道がないのになぜZaif(ザイフ)のトークンは価格が高騰しているの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

それは将来性や伸びしろが大きいからで、Zaif(ザイフ)のトークンもバイナンスコインと同じように新たな使い道が発表されると相場は変化する可能性が高いですよ。

その証拠としてZaif(ザイフ)のトークンは過去に何度も価格が高騰しているのが特徴で、その理由を幾つか挙げてみました。

  • 2017年の8月27日にCOMSAと連動する噂がTwitterで広まった(価格は約25倍まで上昇)
  • 2017年にお笑い芸人のかまいたちがタッグを組んでZaif(ザイフ)の動画を配信した
  • 2017年の10月に未配布トークンの一部を売却や譲渡できないように隔離して凍結するロックアップ計画を発表した

現段階では価格は落ち着いているものの、2016年の7月にZAIFトークン市場が誕生してから価格の上下が続いています。

具体的にどのような流れでZaifトークンの価格が推移しているのか見ていきましょう。

 

2016年7月25日 5円
2016年12月31日 0.7円
2017年4月30日 1円
2017年5月31日 0.3円
2017年7月31日 0.1円
2017年8月27日 2.5円
2017年9月30日 0.9円
2017年11月30日 0.5円
2017年12月17日 4.3円
2017年12月24日 1.7円
2018年2月18日 2.4円

 

Zaif(ザイフ)のトークンは取引量が少なくて価格変動が大きく、「投資のリスクがあるからこそ魅力的な通貨」と言えるでしょう。

 

【2018年最新】Zaif(ザイフ)で取引できるトークンの種類

【2018年最新】Zaif(ザイフ)で取引できるトークンの種類

国内取引所のZaif(ザイフ)では、運営元のテックビューロ株式会社が独自に発行しているZaifトークンだけではなく、他の種類の取り扱いもあります。

取引できるトークンの種類は全部で11銘柄で、bitFlyer(ビットフライヤー)やDMM bitcoin(DMMビットコイン)など他の取引所にはない魅力ですね。

Zaifトークン以外にも将来性が期待できる銘柄はありますので、投資の選択肢の一つに加えている方は増えました。

以下ではZaif(ザイフ)で取引できるトークンの種類の2018年最新情報を紹介していますので、銘柄の選び方の参考にしてみてください。

  • 仮想通貨の取引所上場をするためのフレームワークを提供している「COMSAトークン」
  • Zaif(ザイフ)で取り扱っている全てのトークンの生みの親である「CounterPartyトークン(XCP)」
  • 金融情報配信サービスを提供している上場企業から提供されている「フィスココイン(FSCC)」
  • モナコインと同じでカードを売買する目的で生み出された「ペペキャッシュ」
  • 株主に仮想通貨を体験してもらう目的で発行された「CAICAコイン(CICC)」
  • デバイス事業やソフトウェア事業を展開する会社によって発行された「ネクスコイン(NCSC)」
  • 分散型のクラウドストレージのプラットフォームである「Storj(SJCX)」
  • トレーディングカードゲームの中で利用できるトークンの「Bitcrystals(BCY)」
  • 日本円の1円に対するトークンの価値の維持を目指して発行された「Zen(JPYZ)」
  • NEM上のチェーンで発行されていてNanoWalletで保管できる「Mosaic(モザイク)」

上記の10種類にZaifトークンを加えた11種類のトークンの売買が国内取引所のZaif(ザイフ)では可能です。

投資家の間ではトークンが流行の兆しを見せていますので、Zaif(ザイフ)で好きな通貨を購入してみましょう。

 

Zaif(ザイフ)のトークンの購入方法をまとめてみた

Zaifトークンは、発行元であるZaif(ザイフ)でしか購入できません。

そこで、Zaif(ザイフ)のトークンの購入方法をまとめていますので、ざっくりとした流れを確認しておきましょう。

  1. まずはメールアドレスを登録してZaif(ザイフ)の口座を開設する
  2. メールアドレスとパスワードを入力してマイページにアクセスする
  3. 銀行振込やペイジー決済、コンビニ決済で日本円を入金する
  4. 上部メニューの「取引」を選択してZaifトークンの購入作業を進める
  5. 「ZAIF/JPY」を選択して指値注文と成行注文の2種類から購入方法を選ぶ
  6. Zaifの価格のところに購入したいトークンの価格を入力して「買い注文」をクリックすれば完了

ビットコインやアルトコインと同じように、Zaif(ザイフ)のトークンも注文が終了したら取引が成約するのを待ちます。

成約されているのかどうか不安な方は、マイページのメニューの取引履歴をチェックしてみましょう。

Zaifトークンだけではなく、CounterPartyトークン(XCP)やネクスコイン(NCSC)など他の種類の銘柄も基本的な購入方法は一緒ですよ。

しかし、「COMSAトークンは日本円を使った取引が不可」「Zen(JPYZ)は日本円でしか取引できない」といった点には注意してください。

 

Zaifトークンは他の種類と比べておすすめできる?将来性は?

Zaifトークンは他の種類と比べておすすめできる?将来性は?

Zaifトークンは他の種類と比べておすすめできるのは、将来性に期待が持てるからです。

2018年の5月は最高値を叩き出した2017年12月17日よりも価格は大きく下がっているものの、次の理由でZaifトークンは価値の高い通貨だと判断できます。

  • Zaifトークンを持ち上げることが運営会社のテックビューロの利益に繋がる
  • 発行企業や大株主が一定期間の間、株式を売却しないようにするロックアップ計画で市場の流通量が減少し、価値が上がりやすくなる
  • 今後取引所のZaif(ザイフ)の基軸通貨になる可能性が高い
  • セキュリティを向上する目的でNEMプロトコルへの移行を計画している

独自のトークンを基軸通貨にしているのは、海外の仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)が有名ですね。

BINANCE(バイナンス)では支払いの通貨を独自のBNBトークンに設定することで、手数料半額で取引ができる仕組みを用いています。

※BINANCE(バイナンス)の手数料の安さや評判については以下のページで詳しくまとめました。

 

BINANCE(バイナンス)の評判&メリット・デメリットをまとめてみた

 

Zaifトークンが基軸通貨になれば同じような取り組みを行うのではと予想できますので、将来性は未知数というわけです。

Twitterでも、Zaifトークンに大きな期待を寄せている人は次のようにたくさんいます。

 

 

 

 

 

 

おすすめの通貨なのは間違いありませんので、今後の将来性に期待して保有してみてください。

 

まとめ

以上のように、このページではZaif(ザイフ)で取り扱っているトークンの種類や、Zaifトークンの購入方法についてまとめました。

2018年の5月現在で、国内取引所の中で11種類のトークンを購入できるのはZaif(ザイフ)だけです。

ビットコインやアルトコインと同じように通貨が値上がりすれば大きなリターンを得ることができますので、Zaifトークンの購入を視野に入れてみましょう。

 

 

Zaif(ザイフ)の評判&メリット・デメリットをまとめてみた

 



-Zaif

Copyright© ノーコイン・ノーフリーダム , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.