CoinExchange

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の評判&メリット・デメリットをまとめてみた

更新日:

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の基本情報

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の基本情報

CoinExchange(コインエクスチェンジ)は、海外に拠点を構えている仮想通貨の取引所です。

「草コインの草コインによる草コインのための取引所」と評判が高く、国内の取引所では取り扱っていないアルトコインを購入できますよ。

代表取締役は不明と謎に包まれているサービスですが、Binance(バイナンス)とは違った魅力があることで口座開設や登録をする日本人の数は増えました。

 

社名 不明
設立 2016年
資本金 不明
所在地 イギリス
代表取締役 不明
URL https://www.coinexchange.io/

 

 

海外の仮想通貨取引所!CoinExchange(コインエクスチェンジ)のメリットをチェック!

仮想通貨の取引所は、国内と海外の2種類に大きく分けることができます。

  • 国内の取引所は日本の会社が運営している
  • 海外の取引所は海外の会社が運営している

これが2つの大きな違いで、CoinExchange(コインエクスチェンジ)は後者の海外の仮想通貨取引所ですね。

資本金や代表取締役などの情報が出回っていないのですが、草コインやアルトコインの取引として頻繁に利用されていますよ。

以下ではCoinExchange(コインエクスチェンジ)のメリットをまとめていますので、他の国内取引所や海外取引所との違いを確認しておいてください。

 

アルトコインの取り扱い数が500種類以上と世界トップクラス

アルトコインの取り扱い数が500種類以上と世界トップクラス

CoinExchange(コインエクスチェンジ)のメリットは、何と言ってもアルトコインの取り扱い数が500種類以上と世界トップクラスです。

国内の取引所では13種類のcoincheck(コインチェック)、7種類のDMM bitcoin、6種類のbitFlyer(ビットフライヤー)と非常に少なくなっていますね。

一方でCoinExchange(コインエクスチェンジ)は今は一切の価値のない草コインも取り扱っていますので、将来性の期待できる仮想通貨へと投資が可能です。

500種類以上という取り扱い通貨がどれだけ凄いのか、他の海外取引所と比較してみました。

 

取引所名 通貨数
世界トップクラスの取引量を誇るBINANCE(バイナンス) 100種類以上
アメリカのネバタ州にあるBittrex(ビットレックス) 200種類以上
香港に拠点を置くBitMEX(ビットメックス) 12種類
世界中で安定した取引量を誇るBITFINEX(ビットフィネックス) 40種類以上
世界最大規模の安心感があるPOLONIEX(ポロニエックス) 80種類以上

 

どの取引所よりも、CoinExchange(コインエクスチェンジ)の取り扱い通貨が多いのは一目瞭然です。

まだ世に出回っていない1円以下の価値しかない草コインへの投資には、次のようなメリットがあります。

  • これから爆発的に価格が高騰して儲けられる可能性がある
  • 草コインの中には将来性に期待できる通貨がある
  • 通貨単位当たりの料金が安く、複数種類へと分散投資ができる

CoinExchange(コインエクスチェンジ)とNOVAexchangeのみで取り扱っていた草コインのETHD(イーサリアムダーク)は、何と取引所で上場されてから100倍まで高騰しました。

以前のビットコインのように大きな値上がりが期待できるアルトコインや草コインもありますので、500種類以上と豊富なCoinExchange(コインエクスチェンジ)を利用するのは選択肢の一つですよ。

 

本人確認の書類の提出無しで直ぐに取引ができる

CoinExchange(コインエクスチェンジ)では、本人確認の書類の提出無しで直ぐに仮想通貨の取引ができます。

国内の取引所の場合は、原則的に免許証などの本人確認書類と自分が写った写真をアップロードして提出しなければなりません。

口座開設をした後に本人確認をして審査に通れば仮想通貨の売買ができますが、CoinExchange(コインエクスチェンジ)ではその面倒な手続きが不要です。

他の海外取引所にも該当するものの、素早く取引ができる点が大きなメリットなのではないでしょうか。

以下では、CoinExchange(コインエクスチェンジ)への登録のやり方を簡潔にまとめてみました。

  1. アカウントを作成するためにCoinExchange(コインエクスチェンジ)の公式サイトへとアクセスする
  2. トップページが表示されたら「Register now」をクリックする
  3. 「メールアドレス」「ユーザー名」「パスワード」を設定する
  4. アカウントの乗っ取り被害を避けるために他の取引所のパスワードをそのまま使わない
  5. 全てを入力して間違いがなければ「Register」をクリックする
  6. CoinExchange(コインエクスチェンジ)から登録のアドレスへとメールが届く
  7. メールの中に記載されているリンクをクリックしてアクチベートする
  8. 再び公式サイトへとアクセスし、「Thank you for registering」と画面上に表示されれば完了

アカウントの作成が終わった後は、二段階認証をしたりお金を入金したりして仮想通貨の取引が可能です。

まだまだ値段の安い草コインを見つけて買い漁り、値上がりするのを期待するのは仮想通貨の投資方法の一つですので、CoinExchange(コインエクスチェンジ)で実践してみてください。

 

ICO(資金調達)が完了すれば即座に市場へと流れる

ICO(資金調達)が完了すれば即座に市場へと流れる

ICO(資金調達)が完了すれば、即座にコインが市場へと流れるのはCoinExchange(コインエクスチェンジ)の魅力的なポイントです。

新しいアルトコインが登場しても、取引所へと上場されなければ購入したり取引したりすることはできません。

しかし、CoinExchange(コインエクスチェンジ)はスピーディーに市場へと流してくれますので、今は価値のない草コインを直ぐに入手できますよ。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)でどんなアルトコインや草コインを購入すれば良いのか、おすすめの仮想通貨を幾つか挙げてみました。

  • ゲームで経験値を購入するユニークな発想から生まれたXPコイン
  • ソチオリンピックで寄付手段として使われたドージコイン
  • たったの数日間で400%も価格が高騰したStronghands
  • プログ内のコミュニティで開発されたSproutsコイン

他にも、CoinExchange(コインエクスチェンジ)には名が知れ渡っていないような草コインがたくさんありますので、どれを購入すれば良いのか考えてみましょう。

 

 

CoinExchange(コインエクスチェンジ)のデメリットで押さえておきたいポイント

CoinExchange(コインエクスチェンジ)に限った話ではありませんが、海外の仮想通貨取引所には幾つかのデメリットがあります。

国内の取引所と比較して良くない部分も少なからずあるため、事前にきちんと把握しておかなければなりません。

取引してから失敗したと後悔する前に、CoinExchange(コインエクスチェンジ)のデメリットや欠点について詳しく見ていきましょう。

 

本拠地や所在地が不明

本拠地や所在地が不明

本拠地や所在地が不明なのは、CoinExchange(コインエクスチェンジ)のデメリットです。

噂では「アメリカにある」「イギリスの取引所だった」と流れているものの、正確な住所に関しては分かりません。

もちろん、詐欺の可能性のある仮想通貨取引所というわけではありませんが、下記に該当する人はCoinExchange(コインエクスチェンジ)ではなく別の取引所を使った方が良いでしょう。

  • 運営会社がしっかりとしている取引所で売買したい
  • 不明瞭な部分のある仮想通貨取引所は利用したくない
  • 安全に取引が可能な取引所や販売所を探している

世間から全く注目されていないアルトコインを購入できる代わりに、安全性に関して他の取引所よりも劣ると心得ておくべきですね。

 

他の海外仮想通貨取引所と比べて取引量が少ない

他の海外仮想通貨取引所と比べて取引量が少ない

CoinExchange(コインエクスチェンジ)はマイナーですので、他の海外仮想通貨取引所と比べて取引量が少なくなっています。

時期によって異なるものの、海外の取引所別の取引量がどのくらいなのかデータをまとめてみました。

 

海外取引所 取引高(24時間)
UPbit(アップビット) $3,293,017,058
BINANCE(バイナンス) $2,064,304,835
Bithumb(ビッサム) $1,953,957,390
OKEX(オーケーイーエックス) $1,906,618,351
BITFINEX(ビットフィネックス) $1,686,025,126
Huobi(フォビー) $975,693,560
GDAX(ジーダックス) $811,918,170
Kraken(クラーケン) $683,718,864
Bittrex(ビットレックス) $513,791,920
Bitstamp(ビットスタンプ) $496,609,350
CoinExchange(コインエクスチェンジ) $9,064,283

 

UPbit(アップビット)が1日で30億ドル以上の取引高なのに対して、CoinExchange(コインエクスチェンジ)は僅か900万ドルです。

世界のランクで見てみると80位を下回っているのが現状ですので、CoinExchange(コインエクスチェンジ)はメインの取引所として使うのはおすすめできませんよ。

 

他の取引所と比較して主要通貨の手数料が高い

他の取引所と比較して主要通貨の手数料が高い

CoinExchange(コインエクスチェンジ)は、次のように他の取引所と比較して主要通貨の手数料が高めに設定されています。

 

海外取引所 手数料
Bitcoin(ビットコイン) 0.001
Ethereum(イーサリアム) 0.01
Litecoin(ライトコイン) 0.01
BitcoinCash(ビットコインキャッシュ) 0.001
Ethereum Classic(イーサリアムクラシック) 0.1

 

手数料が高ければ高いほど、仮想通貨の売買を繰り返すと金銭的な負担が大きくなりますので注意しなければなりません。

そのため、CoinExchange(コインエクスチェンジ)を利用する予定の方はマイナーなアルトコインだけに留め、主要通貨は別の取引所を使った方が良さそうです。

 

取引所を使う上で不安な点が多々ある

取引所を使う上で、CoinExchange(コインエクスチェンジ)は不安な点が多々あります。

具体的にどんなデメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

  • 公式サイトが日本語に対応していないのでGoogle翻訳を使わなければならない
  • 送金スピードが遅い(ビットコインで半日程度かかる)
  • サポートセンターへと問い合わせてもきちんと対応してくれない
  • 日本円の送金は不可能で、他の取引所でビットコインを購入する必要がある

CoinExchange(コインエクスチェンジ)に限らず、他の海外仮想通貨取引所にも該当する点はあります。

しかし、多数の送金トラブルやサポートセンターの対応の不備はCoinExchange(コインエクスチェンジ)の大きなデメリットですので、利用する上でリスクを伴うと心得ておいてください。

 

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の口コミや評判

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の口コミや評判

海外の仮想通貨取引所ですのであまり情報が出回っていませんが、以下ではCoinExchange(コインエクスチェンジ)の口コミや評判を紹介しています。

実際に口座を開設して仮想通貨の取引をしている人がどんな評価を残しているのか、目を通しておいてください。

 

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の良い口コミや評判

  • 仮想通貨の取り扱い数がコインチェックの約40倍っていうのは本当に凄いね
  • 日本版のコミュニティや公式Twitterが用意されているXPコインの購入で利用しています
  • 海外の取引所ということで不安がありましたが、CoinExchange(コインエクスチェンジ)は意外とスムーズに口座開設やアカウント作成ができました
  • XPは日本人のコミュニティでも活発だから購入する価値はあるんじゃない
  • 0.001円のコインが1円になったのと1万円のコインが1,000万円になったのは同じだよ
  • ギャンブル的なトレードをするのに効果的な取引所だと思いました
  • 仮想通貨の普及にも力を入れていて資金規模もトップクラスみたいなので安心して利用できます
  • プラットフォームで通貨リストを確認すると、とんでもない数を取り扱っていることが分かった
  • ビットコインもアルトコインも手数料は0.15%と均一でかなり安いと感じた
  • 国内の取引所と同じように、呆気ないくらい口座開設は簡単でした
  • CoinExchange(コインエクスチェンジ)で掘り出し物の草コインを見つけたので、後は価格がグーンと跳ね上がるのに期待です
  • セキュリティの対策上、二段階認証は忘れずに行っておいた方が良いですよ
  • XPコインに限らず、他の種類のアルトコインを購入するのもこの取引所がおすすめかな
  • 有望株が多く上場していて、仮想通貨取引の立ち回りの幅を広げられます
  • 本人確認無しで直ぐに取引ができる点には魅力を感じました

「色々な草コインが購入できる」「アルトコインの選び方で迷ってしまう」「口座開設が簡単だった」といった口コミの評判が多いですね。

Twitterでも、CoinExchange(コインエクスチェンジ)に関して次の意見が出回っていました。

 

 

 

国内の仮想通貨取引所と比較してみれば、アルトコインの種類が圧倒的に多いのは一目瞭然です。

人気の草コインも購入できますので、CoinExchange(コインエクスチェンジ)で口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

 

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の悪い口コミや評判

  • 日本語には対応していないので、Googleの翻訳機能を使うしかありませんね
  • 主要の銘柄は他の海外取引所と比べて高い印象を受けました
  • わざわざマイナーなCoinExchange(コインエクスチェンジ)を利用しなくても、100種類以上のアルトコインを取り扱うBINANCE(バイナンス)で十分だと思った
  • XPの送金システムがメンテナンス中で外部へと引き出せないのは残念
  • CoinExchange(コインエクスチェンジ)にあったSICは全くの無価値で、価格の高騰は期待できないので注意した方が良いですよ
  • 無名コインを買い漁って分散投資するのはリスキーだと思いました
  • 英語オンリーだからなのか、CoinExchange(コインエクスチェンジ)は見方も使い方も分かりません
  • 「海外の取引所=手数料が安い」といったイメージがありましたが、CoinExchange(コインエクスチェンジ)は思っていた以上に高かったです
  • 僕の場合はBTCの取引で半日ほどかかったので、送金のスピードはかなり遅いです
  • 将来性のある草コインを見つけるのは想像以上に難しいと感じました
  • サポート体制が整っていないので利用する際は気を付けた方が良いですよ
  • サーバーが非常に重く、良く分からないキャラクターが永遠と飛び続けていましたwww
  • 取引量が非常に少なく、メインの取引所として利用するのはおすすめできません

CoinExchange(コインエクスチェンジ)は、次のようにTwitterで良くない口コミや評判もありました。

 

 

 

 

海外の取引所の中でもマイナーですので、情報が少ないというデメリットがあります。

しかし、国内の大手の取引所と比べてリスクがあるのは紛れもない事実ですので、CoinExchange(コインエクスチェンジ)へと口座開設をして売買を考えている方は注意しましょう。

 

まとめ

以上のように、海外仮想通貨取引所のCoinExchange(コインエクスチェンジ)にどんなメリットやデメリットがあるのか説明してきました。

CoinExchange(コインエクスチェンジ)のメリットや魅力をまとめるとこんな感じになりますね。

  • 500種類を超えるアルトコインを取り扱っている
  • 豊富な草コインへと分散投資ができる
  • 本人確認なしで仮想通貨の取引ができる
  • ICO(資金調達)が完了すると直ぐに市場へと出回る

「取引高が少ない」「日本語に対応していない」といったデメリットもありますが、海外のCoinExchange(コインエクスチェンジ)を使うのも選択肢の一つですよ。

今はまだ価値のないアルトコインや草コインを探そうとしている方は、是非一度利用してみてください。

 

 



-CoinExchange

Copyright© ノーコイン・ノーフリーダム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.