DMM Bitcoin

【DMM Bitcoin】ビットコインの買い方・購入方法!押さえておきたい注意点はこれだ!

投稿日:

【DMM Bitcoin】ビットコインの買い方や購入方法を解説します

ビットコインの買い方

仮想通貨取引所の口座を開設するに当たり、ビットコインを購入する目的の方が多いのではないでしょうか。

仮想通貨の中心的な存在ですし、初心者でも気楽に始められますね。

そこで、このページではDMM Bitcoinのビットコインの買い方や購入方法を詳しく解説しています。

ビットコインを購入するに当たってDMM Bitcoinはメリットが大きく、その理由を幾つか挙げてみました。

  • ビットコインとイーサリアムの現物取引の手数料が無料
  • 即座に入金できるクイック入金の手数料が無料
  • アプリが使いやすくてテクニカル指標を確認できる
  • 大手のDMMグループが運営している安心感がある

ビットコインの取引や売買で発生する手数料を抑えられるのは嬉しいポイントです。

※DMM Bitcoinの手数料が本当に安いのかどうかは以下のページでまとめています。

 

DMM Bitcoin(ビットコイン)の手数料は他社と比較して安い!

 

DMM Bitcoinの口座を開設すれば直ぐに売買ができますので、ビットコインの買い方や購入方法について見ていきましょう。

 

アカウント登録をして口座を開設する

DMM Bitcoinでビットコインのやり取りをするには、まず最初にアカウント登録をして口座を開設しないといけません。

ここではDMM Bitcoin(ビットコイン)への登録方法を簡単に見ていきます。

  1. DMM Bitcoinの公式サイトにアクセスしてメールアドレスの登録をする
  2. 届いたメールのリンクをクリックして自分のパスワードを設定する
  3. きちんと送信されると「仮口座」と「アカウント設定」が完了
  4. マイページが作成された後に本口座の登録を行う
  5. 口座登録ではお客様情報や銀行口座情報が必要になる
  6. 運転免許証(顔写真付き確認書類)やパスポート(顔写真付き確認書類)など本人確認書類をアップロードする

DMM Bitcoinの口座開設の流れは以下のページでも詳しく説明していますので、手順が分からない人は参考にしてみてください。

 

DMM Bitcoin(ビットコイン)の口座開設方法【審査落ちの原因やかかる時間】

 

マイページから日本円を入金する

日本円を入金する

DMM Bitcoinでビットコインを購入するために、マイページから日本円を入金します。

日本円を入金して今現在のレートに合わせてビットコインを購入し、そのまま長期保有したり自分のウォレットに移したりするイメージですよ。

DMM Bitcoinでは銀行振込入金とクイック入金の2種類の入金方法から選択可能で、それぞれの違いを分かりやすく表でまとめてみました。

 

銀行振込入金 クイック入金
手数料 振込手数料実費負担 無料
最低金額 制限なし 5,000円
上限金額 制限なし 1億円未満
口座反映時間 当日~翌営業日 即時
対象金融機関 制限なし 制限あり(ネットバンクなど)

 

上記でも説明しましたが、DMM Bitcoinは即座に反映されるクイック入金の手数料が無料なのが魅力的です。

銀行振込入金でもクイック入金でも、日本円を入金する手順は次のように簡単にできます。

  1. メールアドレスとパスワードを入力してDMM Bitcoinのマイページにログインする
  2. 複数のメニューの中から「入金・入庫」を選択してクリックする
  3. 日本円入金(クイック入金)と日本円入金(銀行振込)の2種類から好きな方を選ぶ
  4. 記載された銀行の口座へ入金した日本円を振り込んで完了

ただし、DMM Bitcoinで振込に利用する銀行口座は、アカウントの作成で登録した名義人と同じ銀行口座に設定しないといけません。

この2つが違っていると、「アカウントに反映されない」「組み戻し手続きが必要」と面倒なことになりますので気を付けてください。

 

ビットコインを購入する

ビットコインの購入画面

DMM Bitcoinの口座開設と日本円入金が終わったら、いよいよビットコインの買い方の説明に入ります。

クイック入金を選択していれば即座に反映されますので、その日にビットコインの取引を行うのも不可能ではありません。

以下ではDMM Bitcoinの買い方や購入方法の流れを詳しくまとめていますので、初めて売買する予定の方は一度目を通しておきましょう。

  1. DMM Bitcoinの公式サイトにアクセスしてマイページにログインする
  2. 左側のメニューの中から「トレード口座」を選択する
  3. トレード画面に切り替わったら「現物注文(購入・売却)」をクリックする
  4. 左側には現物注文の画面が表示されるので、「BTC/JPY」を選択する
  5. 表示されている価格で注文を出したい時は「ストリーミング」、自分で決めた価格で注文したい時は「指値」を選ぶ
  6. 最後に購入したいビットコインの数量を入力し、「買 Ask」を押せば完了

パソコンでもスマホアプリでも、トレード画面の見方とビットコインの数量の入力場所が分かればDMM Bitcoinでの買い方は全く難しくありません。

ストリーミングでも指値でも注文が成立すればDMM Bitcoinのアカウントに仮想通貨が反映されますので、別の取引所や自分のウォレットに送金できますよ。

また、DMM Bitcoinの取引画面を見ていると、「売 Bid」の上の部分にスリッページがあります。

スリッページとは注文価格から少し幅を持たせる購入方法で、その詳細を簡単にまとめてみました。

  • 注文した価格と取引が成立した際の価格の差をスリッページと呼ぶ
  • 0.01BTC/10,000円で注文を出し、10,010円で成立した時はスリッページ10となる
  • ストリーミング注文で買う時に確定しやすくなるのがメリット

DMM Bitcoinでビットコインを購入するに当たって便利な機能ですので、仮想通貨の売買に慣れてきたら一度利用してみてください。

 

 

DMM Bitcoin(ビットコイン)の評判&メリット・デメリットをまとめてみた

 

DMM Bitcoinでビットコインを買う際に押さえておきたい注意点

チェックポイント

DMM Bitcoinに限らず他の国内仮想通貨取引所にも該当しますが、一度ビットコインの買い方を把握すれば簡単ですね。

特にややこしい手続きは必要ありませんし、パソコンだけではなく専用のスマホアプリを使えば自分の好きなタイミングで売買できます。

スマホアプリのチャートやテクニカル指標が見やすいのも、他の取引所にはないDMM Bitcoinの魅力です。

しかし、DMM Bitcoinでビットコインを買う際に幾つかの押さえておきたい注意点がありますので、まだ手続きに慣れていない人はチェックしておきましょう。

  • 実際に保有できる現物取引はビットコインとイーサリアムの2種類だけ(ライトコインやビットコインキャッシュなどのアルトコインはレバレッジ取引しかできない)
  • 日本円の入金に手数料はかからないが、仮想通貨の購入する際にはスプレッドが発生する
  • 購入したビットコインをそのまま取引所に預けておくと、ハッキングなどによる不正出金が起こった際に預け入れた資産が保証されない場合がある

ここ最近の事件だと、2018年の1月26日にCoincheck(コインチェック)で580億円のNEM(ネム)が流出しました。

その影響を受けてDMM Bitcoinでもセキュリティには力を入れていますが、念のために購入したビットコインは次の方法で保管すべきです。

  • オフラインのウォレットのコールドウォレットに移しておく
  • セキュリティに力を入れているTREZOR(トレザー)の利用がおすすめ

取引所で購入したビットコインは大事な資産ですので、自分の手で守るようにしましょう。

 

まとめ

以上のように、DMM Bitcoinの口座を開設してからビットコインを購入する方法について説明しました。

「マイページにアクセス」⇒「日本円の入金」⇒「取引画面で手続き」と、ビットコインの買い方は皆さんがイメージしているよりも遥かに簡単です。

初心者のあなたでも今直ぐにビットコインを保有できますので、国内取引所のDMM Bitcoinを利用してみてください。



-DMM Bitcoin

Copyright© ノーコイン・ノーフリーダム , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.