仮想通貨の基礎知識 仮想通貨の投資方法

仮想通貨投資は儲かるのか?儲かる仕組みと方法を解説

更新日:

仮想通貨投資は儲かるのか?

 

巷で話題の仮想通貨投資。最近は会社員だけではなく主婦や学生の「億り人」が続々と誕生していることで話題になりました。

 

さて、仮想通貨投資は本当に儲かるのでしょうか?少なくとも、過去に仮想通貨投資をしていた方々は儲かった、というのは事実です。今後のことは誰にも分かりません。

 

あくまでも個人的には、もう少し熱狂は続くと考えて仮想通貨投資を始めました。それ以上でもそれ以下もでありません。

 

仮想通貨投資を今から始めるのはもう遅い?2018年に私が始める理由

 

そもそも仮想通貨とは

そもそも仮想通貨とは何なのでしょうか?日本の金融庁は以下のように定義しています。

 

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

資金決済に関する法律 第二条 5による定義:

この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

出典:bitflyer

 

財産的価値という言葉が繰り返し使用されていますが、簡単に言えばインターネット上に存在している電子的な通貨です。同じく電子的な通貨であるTポイントや楽天ポイントとは異なり、中央で管理している企業が存在しません。(※)

 

(※)仮想通貨にも様々な種類があり、特定の企業が管理するタイプの仮想通貨もあります。

 

「中央管理者がいないなんて危険じゃないか!」と思うかもしれません。しかし、それは私達が日本で円という通貨を使用しているためであり、見方を変えれば全く逆の景色が見えてきます。

 

ビットコインはなぜ高騰したのか

ビットコインの誕生は2009年まで遡りますが、最初に注目されたのは2013年の「キプロス危機」の時です。当時、キプロスの金融機関は経営が悪化して破綻寸前でした。支援を求められた欧州連合は、その条件として預金に対する最大9.9%の課税を求めたのです。(預金封鎖)

 

銀行に預けているだけで課税されることにショックを受けたキプロス内のマネーはビットコインに流れ、価格は20倍に値上がりました。その後、外貨取引を厳しく制限している中国でも人民元に不安を感じた富裕層がビットコインを買い始め、価格は更に5倍も値上がりします。

 

ビットコインの高騰は、中央管理者のいる危険な国家通貨から、中央管理者のいない安全な仮想通貨へ流れるという経済活動によって起こりました。中央集権的であるということは、それだけ恣意的であるということです。預金封鎖や外貨規制などは最たる例でしょう。

 

この点、ビットコインは金(ゴールド)と似ています。ビットコインの総発行数は2,100万枚と限定されているため、人々が自国の通貨よりも信頼できると考えれば保有しておこうという力学が働きます。

 

安全通貨と言われる日本円だって、10年後、20年後もそうであるとは限りません。現在は政府主導でジャブジャブとお金を刷っている状況です。価格というのは需要と供給で決まりますから、流通量が増え過ぎれば価値が目減りするのは必然です。(インフレ)

 

仮想通貨投資が儲かる仕組み

2017年、仮想通過の中で1番大きなビットコインの価格は約15倍、2番目に大きなイーサリアムは約93倍、3番目に大きなリップルは約339倍も値上がりしました。2018年に入っても伸び続けています。

 

上述したように、これまではマネーの逃避先として買われていた仮想通貨が、現在では投資の対象になり世界中のマネーを吸い寄せているのです。日本では取引所・販売所によるテレビCMなどが放映され、これまではアンダーグラウンドだった仮想通貨投資が爆発的に普及し始めています。

 

もちろん、仮想通貨の将来的な普及や、ブロックチェーンの技術的可能性を信じて投資している方も多いです。かつてインターネットが誕生した時も、その実用性に対しては懐疑的な専門家ばかりでした。しかし、早いうちからGoogleやAmazonに投資をしていた方は漏れなく億万長者になっています。

 

仮想通貨には、今のところ従来の伝統的な資産である株や不動産のように価値を測る指標が存在しません。基本的に価格は需要と供給のみで決定されます。欲しいと思う人が増えれば増えるほど、価格は上がり続けます。

 

仮想通貨投資が儲かる仕組みは非常に単純なのです。

 

仮想通貨投資で儲かる方法

仮想通貨投資で儲かる方法は、値上がりしそうなコインを買う、それだけです。

 

目利きに自信があるのであれば海外取引所のBinanceCoinExchangeでまだ世間の注目が集まっていない将来有望なコインを探して投資するもよし。

 

初心者であれば国内取引所のbitFlyerZaifやで既に実用化されていて今後も生き残るであろうコインに投資するもよし。仮想通貨市場が拡大するという前提に立つのであれば、しばらくは上がっても下がってもじっと待つのがいいでしょう。

 

【何を買えばいい?】仮想通貨初心者におすすめの買い方・やり方

 

「そうは言うけど、ビットコインをはじめとした仮想通貨の高騰はバブルなんじゃないの?そのうち弾けるのでは?」

 

こんな声が聞こえてきそうです。仮想通貨はバブルじゃないと否定する方もいますが、私はバブルだと思っています。ただ、問題なのはいつ弾けるのかということです。

 

まだ1,2年は弾けないと予測するのであれば、今すぐ投資をした方が経済合理的です。すぐにバブルは弾けると思うなら、投資はしない方がいいです。それは誰にもわかりません。

 

2017年1月時点では2兆円だった仮想通過の市場規模は、2018年1月時点で90兆円まで膨れ上がりました。とんでもないスピードですが、もう成長の余地はないのでしょうか?

 

今後は大手企業も取引所として参入してくることが確定しており、まだまだ未成熟な仮想通貨投資の環境は整備されていきます。これだけ盛り上がっているのですから、仮想通貨が実際に利用できる場所も増えていくでしょう。すると、これまでは指をくわえて見ているだけだった傍観者の中からも、仮想通貨投資を始める方が出てきます。

 

ちなみに、日本だけで見ても家計の金融資産残高は1,800兆円あります。アメリカはその4倍、7,200兆円です。これまでは株や不動産に流れていた資金の一部でも仮想通貨市場に流れ込んでくれば、人類史上最大規模のバブルが起こります。

 

もちろんバブルは必ず弾けます。1年後か2年後か、それは誰にもわかりませんが、その前に目標とする金額を稼ぎ切れば勝利です。資金が流れてくるのであれば、その流れに乗るだけです。

 

正直に言うと、私は仮想通貨が普及しようが普及しまいがどちらでも構いません。ただ、いつバブルが弾けるのかはわからない以上、あくまでも余剰資金で投資をするのがいいでしょう。



-仮想通貨の基礎知識, 仮想通貨の投資方法

Copyright© ノーコイン・ノーフリーダム , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.