Zaif

Zaif(ザイフ)を使ったビットコインの売り方&日本円の出金方法

投稿日:

Zaif(ザイフ)を使ったビットコインの売り方について解説します

Zaif(ザイフ)を使ったビットコインの売り方について解説します

仮想通貨のビットコインやアルトコインは、購入するだけではなく売却することもできます。

オンライン上で自由に買ったり売ったりできるのが仮想通貨の大きな特徴ですね。

国内の取引所のZaif(ザイフ)では、安い手数料でビットコインの売買ができます。

まず最初にZaif(ザイフ)を使ったビットコインの売り方を把握する前に、取引所と販売所の違いについて押さえておかないといけません。

Zaif(ザイフ)でビットコインの売買を行うには取引所と販売所の両方から選択可能で、それぞれの違いを簡単にまとめてみました。

Zaif(ザイフ)の取引所

仮想通貨を買いたい人と売りたい人が取引する(ユーザー同士)
販売所と比較してみると安い価格でビットコインを購入できる
自分が希望する価格で仮想通貨を売買できない可能性もある

Zaif(ザイフ)の販売所

販売会社とビットコインやアルトコインの取引を行う
指定された価格でしか売買できない代わりに確実に取引できる
取引所と比較してみるとビットコインの販売価格が高くなる

売買する相手がユーザーなのか運営元なのかというのが大きな違いです。

以下ではZaif(ザイフ)の取引所と販売所別で、ビットコインの売り方について詳しく解説していきます。

 

 

Zaif(ザイフ)の評判&メリット・デメリットをまとめてみた

 

販売所でのビットコインの売り方

販売所でのビットコインの売り方

ビットコインの売却が最も簡単なのは、Zaif(ザイフ)の販売所の利用です。

自分が保有しているビットコインを運営元のZaif(ザイフ)に売って、日本円に戻すことができますよ。

販売所でのビットコインの売り方は、次のようにスムーズに取引が可能です。

  1. メールアドレスとパスワードを入力してZaif(ザイフ)のマイページにログインする
  2. 上部メニューの「簡単売買」をクリックする(Zaifでは簡単売買が販売所での取引)
  3. ビットコインを売却する時は青い部分を利用する(赤い部分はモナコインの取引)
  4. 「BITCOINの数量」のフォームに売却するビットコインの数量を入力する
  5. 「日本円の設定金額」の項目に入力して売却の数量を決めることも可能
  6. 確認画面が表示されるので間違いがなければ「OK」をクリックする

たったこれだけの手順で、Zaif(ザイフ)で保有していたビットコインを売ることができます。

ただし、販売所ではビットコインとモナコインしか取引できないのが特徴で、他のアルトコインを売りたい時は取引所を利用しないといけません。

 

取引所でのビットコインの売り方

取引所でのビットコインの売り方

次にZaif(ザイフ)の取引所を使ったビットコインの売り方を見ていきましょう。

  1. 販売所での売買と同じようにZaif(ザイフ)のマイページにログインする
  2. トップページの上部メニューの「取引」を選択する
  3. 画面上には仮想通貨の売買ができる取引画面が表示される
  4. ビットコインを売って日本円にする場合は「BTC/JPY」を選択する
  5. 保有しているビットコインを売却する時は「現物売り」が選択されているかどうかチェックする
  6. 指値注文の場合は希望の売却価格を「1BTCの価格」の欄に入力する
  7. 成行注文の場合は売りたい量をフォームの中に入力する
  8. 問題がなければ「売り注文」をクリックして完了

販売所での売り方と違う点は、次のように指値注文と成行注文から選べるところですね。

  • 指値注文はあらかじめ価格を指定する注文
  • 成行注文は現在の価格で取引する注文

現在の価格よりも安い金額で指値注文を指定すると損をしますので、成行注文を選ばないといけません。

販売所での取引と比べて少し複雑ですが、Zaif(ザイフ)でビットコインの売買を繰り返していればだんだんと慣れてきます。

この指値注文と成行注文はビットコインの売却だけではなく購入時にも選択できますので、買い方の流れや手順については以下のページを参考にしてみてください。

 

【Zaif(ザイフ)】ビットコインの買い方!入金の手数料や時間は?

 

Zaif(ザイフ)の日本円の出金方法

Zaif(ザイフ)の日本円の出金方法

Zaif(ザイフ)の販売所や取引所でビットコインを売却した後は、日本円を出金する手続きに移ります。

もちろん、他のアルトコインを購入する予定であれば、そのまま日本円を入れておいて問題はありません。

しかし、「Zaif(ザイフ)では仮想通貨の売買はもうしない」「急な出費があるからお金を引き出したい」といった時は、日本円を出金します。

以下ではZaif(ザイフ)の日本円の出金方法を紹介していますので、手続きや手順が分からない人は一度目を通しておきましょう。

  1. メールアドレスとパスワードを入力してZaif(ザイフ)のアカウントにログインする
  2. 日本円出金口座の登録画面で「JPY出金先口座の登録はこちら」というリンクをクリックする
  3. 「銀行名」「支店名」「口座番号」「口座名義」などの情報を記入する
  4. 新規登録ボタンを押すと出金先口座の登録が完了する
  5. 最初の画面に戻って「入出金と履歴」⇒「日本円アイコンの出金」と進める
  6. 画面を下にスクロールすると登録している銀行口座がフォームの中に記載されている
  7. 出金したい日本円の金額を入力して「出金申請」をクリックすれば完了

振込先口座の登録さえ済んでいれば、Zaif(ザイフ)の日本円の出金方法は難しくありません。

マイページ上で出金履歴の項目を見てみると、「申請中」と表示されています。

ビットコインを売却して日本円に換えてから出金ができますが、手数料を引いた段階で出金額以上の残高がないと申請できないので注意してください。

 

Zaif(ザイフ)の日本円出金で発生する手数料

「Zaif(ザイフ)は他の国内仮想通貨取引所とは違ってマイナス手数料だから口座開設した」という人はたくさんいます。

取引や売買をすればするほどお得なのは嬉しいものの、ビットコインと日本円の通貨ペアの現物取引に限定されているのが特徴です。

つまり、ビットコインを売った後の日本円を銀行口座に出金する際は、一定の手数料を支払わないといけません。

Zaif(ザイフ)の出金手数料は、次のように金額によって違いがあります。

  • 50万円未満は350円
  • 50万円以上は756円

70万円の日本円をZaif(ザイフ)から自分の口座に出金する際は、まとめてではなく35万円ずつ申請した方が少しお得ですよ。

 

Zaif(ザイフ)の日本円出金でかかる時間はどのくらい?

Zaif(ザイフ)で日本円の出金申請をして、どのくらいの時間で反映されるのか気になるところです。

Zaif(ザイフ)の公式サイトによると、その日の午前11時までに申請をすると2営業日以内に反映されると記載されていました。

振込や出金にかかる日数はそこまで長くないので、迅速な対応をしてくれます。

実際に10時30分にアカウント上で日本円の出金を申請すると、11時を過ぎた段階で「出金処理中です」と表示されているステータスが変わりました。

混み具合によって変わりますが、スムーズにいけば当日中に振り込まれますので安心です。

 

まとめ

以上のように、Zaif(ザイフ)を使ったビットコインの売り方と、日本円の出金方法について詳しくまとめました。

初めて仮想通貨の売買や取引をする初心者は、手続きの方法で迷ってしまうことがあります。

しかし、手順通りに進めていれば特に難しくないので、これからビットコインを買ったり売ったりしたい方はZaif(ザイフ)の口座を開設してみてください。

 

 

Zaif(ザイフ)の評判&メリット・デメリットをまとめてみた

 



-Zaif

Copyright© ノーコイン・ノーフリーダム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.