bitFlyer

ビットフライヤーは無職や主婦でも登録可能!審査の厳しさや時間について

更新日:

bitFlyer(ビットフライヤー)は無職でも登録可能!

bitFlyer(ビットフライヤー)は無職でも登録可能!

「自分は無職だから仮想通貨取引所の口座を開設できないのでは?」と疑問を抱えている方はいませんか?

確かに、無職の人はクレジットカードの審査で落ちやすく、次の理由が考えられます。

  • いざカードを作成しても利用分を踏み倒す恐れがある
  • 仕事で安定した収入を得ることができていない
  • 「この人は大丈夫」という信用を与えられない

しかし、仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)は無職でも登録可能ですよ。

仕事をしていないから口座を開設できないといった決まりは特になく、クレジットカードの作成とは大きく違います。

bitFlyer(ビットフライヤー)に限らず他の取引所への登録も可能で、職業の有無は特に関係ありません。

実際に以下のように無職でも仮想通貨のビットコインへと投資している人は数多くいました。

  • 無職の自分でもキャンペーンで登録して0.0003BTCプレゼントされた
  • 億り人(おくりびと)になる第一歩を踏み出すことができたかな
  • とりあえず怖いから1万円からビットコイン(BTC)を購入することにした

投資である以上は自己責任となりますが、仮想通貨には未来や将来性があるからこそまだまだチャンスですね。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントの作成で用意すべき本人確認書類

今は仕事をしていない無職の人でも、メールアドレスと電話番号、本人確認書類を用意すればbitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントを作成できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録で利用できる本人確認書類は次の7点です。

  • パスポート(顔写真と住所のあるページ)
  • 運転免許証(表面だけではなく裏面も)
  • 在留カード(裏面も)
  • 特別永住者証明書(裏面も)
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降)
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

無職やニートの人は口座を開設できないのではと不安になりやすいものの、1点の本人確認書類と自分が写った写真をカメラで撮影して送るだけで口座を開設できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録自体はあっという間ですし、「アカウントを開設したら絶対に仮想通貨を購入しなければならない」といった決まりはありません。

口座の開設自体は無料ですので、国内で大手の取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)を利用してみてください。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判&メリット・デメリットをまとめてみた

 

bitFlyer(ビットフライヤー)は主婦でも口座開設できる!

無職の人と同じ理由で、専業主婦や兼業主婦の女性もbitFlyer(ビットフライヤー)の口座を開設できますよ。

クレジットカードとは違い、仮想通貨取引所の口座開設は何も借金をするわけではありません。

信用情報は特に必要ないからこそ、主婦でもbitFlyer(ビットフライヤー)の口座を作ってビットコインへの投資を始められるわけです。

現在では副業として仮想通貨取引を始める主婦が多く、考えられる理由を幾つか見ていきましょう。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)では1,000円と少額から投資を始められる
  • 海外旅行など世界共通のお金として使うことができる
  • 求める人が多ければ多いほど希少性が高まって価格が上がる
  • 将来の値上がりを期待して保有するだけとほったらかしで良い
  • パソコンやスマホを使って好きなタイミングで売買ができる

「仮想通貨はリスクや危険性が高い」とイメージしている人はいます。

しかし、少額から始めることができますので、自分でビットコインなどの仮想通貨を購入する資金をセーブしていれば危険性は全くないですね。

次のページでは、bitFlyer(ビットフライヤー)で何円からビットコインを買えるのか詳しく説明しています。

主婦のお小遣いでも購入できるのは紛れもない事実ですので、仮想通貨の初心者の方は参考にしてみてください。

 

ビットフライヤーでは何円から買えるの?【ビットコインの最低取引単位】

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の審査が厳しくない理由をチェック!

bitFlyer(ビットフライヤー)の審査が厳しくない理由をチェック!

bitFlyer(ビットフライヤー)は無職や主婦でも口座を開設できますので、審査は全く厳しくありません。

メールアドレスを用意したり本人確認書類をきちんと提出したりすれば、誰でも簡単にbitFlyer(ビットフライヤー)へと登録できますよ。

なぜ職業の有無に関わらずbitFlyer(ビットフライヤー)へと登録できるのか、審査が厳しくない理由をまとめてみました。

  • お金を借りるわけではないので信用情報は特に関係ない
  • あくまでも本人かどうか確認するために審査している
  • 金融資産や投資歴といった要素まで確認されることはない

クレジットカードや証券会社の口座を開設する場合は、「この人は難ありだな」と思われれば審査に落ちることもあります。

一方でbitFlyer(ビットフライヤー)など仮想通貨取引所は本人が登録しているのかどうか確認する作業しか行われていないので、厳格な審査ではありません。

その証拠として未成年でも親の同意書があれば口座を開設できますので、無職や主婦の方も安心してください。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の審査にかかる時間は短い!

bitFlyer(ビットフライヤー)の審査、つまり本人確認にかかる時間は半日から丸1日と非常に短くなっています。

本人確認をしなければ仮想通貨の売買はできないので、本人確認書類の提出は絶対に必要ですね。

もちろん、混雑状況によって審査が終わるまでの時間は変わるものの、bitFlyer(ビットフライヤー)は長くても1日ほど待てば大丈夫でしょう。

本人確認書類を提出して完了すると、次の内容のメールが登録したアドレスへと送られてきます。

  • ○○様のアカウントがトレードクラスにアップグレードされました
  • ご利用制限等のご確認は下記のリンクを参照ください
  • 今後ともbitFlyerをよろしくお願いします

その数日後にbitFlyer(ビットフライヤー)から書留郵便でハガキが届けられますので、忘れずに受け取りましょう。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)へと登録できない理由は?

bitFlyer(ビットフライヤー)へと登録できない理由は?

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内の中でも大手の仮想通貨取引所ですので、迅速な対応を心掛けてくれます。

それでもbitFlyer(ビットフライヤー)へと登録できない時は、次の理由が考えられます。

  • 本人情報の住所と書類に記載されている住所が異なる
  • 転送手続きを行っていて転送不要のハガキを受け取ることができない
  • 既にアカウントを作成している(2つ以上は持つことができない)

多くのケースでは住所の相違が考えられますので、事前にチェックしておいてください。

 

まとめ

以上のように、国内取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)は無職でも主婦でも、職業に関係なくアカウントの開設や登録ができます。

ビットコインは少額でも購入できるからこそ、主婦の副業の方法として人気を獲得しているのではないでしょうか。

提出する書類さえ間違っていなければ審査や本人確認は簡単に通りますので、詳細はbitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトで確認してみてください。



-bitFlyer

Copyright© ノーコイン・ノーフリーダム , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.