bitFlyer

ビットフライヤーのVISAプリペイドカードでビットコインを円建てする方法

投稿日:

bitFlyer(ビットフライヤー)のVISAプリペイドカードの特徴まとめ!

bitFlyer(ビットフライヤー)のVISAプリペイドカードの特徴まとめ!

仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)は、2017年の10月6日からVISAプリペイドカードを発行しています。

まさしくbitFlyer(ビットフライヤー)のオリジナルカードで、抽選で1,000名様に無料配布されるキャンペーンを利用してゲットした方は多いのではないでしょうか。

そもそも、プリペイドカードがどんなものなのかメリットを幾つか挙げてみました。

  • 自分が使う分だけチャージしてお金の管理をしやすくする
  • 買い物の際にカードで支払えるので会計の時間を短縮できる
  • VISAやマスターカードなど国際ブランドであれば国内でも海外でも使える
  • ポイント還元率だけに目を向けてみるとクレジットカードよりもお得

bitFlyer(ビットフライヤー)のVISAプリペイドカードも同じように、これらの機能を兼ね備えていますよ。

以下ではbitFlyer(ビットフライヤー)のVISAプリペイドカードの大まかな特徴をまとめていますので、一度目を通しておきましょう。

  • 専用のアプリを使って手軽にチャージして残高をチェックできる
  • 入会費や年会費など余計なコストは一切発生しない
  • 全国のVISAマークのあるお店やネットショッピングで使える
  • カードフェイスはブラックとブルーの2種類が展開されている

VISAは世界中で加盟店が多く、世界200以上の国・地域に約4,000万店舗と幅広く使えます。

リアル店舗で使えるのも嬉しいポイントで、bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントを持っていればウェブやアプリでVISAプリペイドカードにチャージできますので簡単ですね。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のVISAプリペイドカードでビットコインを円建てする方法や流れ

「普通のプリペイドカードとして使うのであれば、わざわざbitFlyer(ビットフライヤー)のカードを申し込まなくても良いのでは?」と考えている方は少なくありません。

確かに、仮想通貨の売買や取引をしたことのない人にとって、国内取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)は馴染みがない気がします。

しかし、bitFlyer(ビットフライヤー)のVISAプリペイドカードは、ビットコインを円建てしてチャージできるのが一番のメリットです。

bitFlyer(ビットフライヤー)に預けているビットコインを円建てし、VISAプリペイドカードにチャージしてリアル店舗やネットショッピングで使えますよ。

ここではbitFlyer(ビットフライヤー)のVISAプリペイドカードで、ビットコインを円建てする方法や流れをまとめてみました。

  1. ストアからバンドルアプリをダウンロードする(AppleStoreとGooglePlayの両方に対応)
  2. 「ユーザーID」「パスワード」「生年月日」「電話番号」など個人情報を登録する
  3. アプリのホーム画面にアクセスして「リアルカード有効化手続き」をタップする
  4. 郵送されたVISAプリペイドカードを見て、「カード番号」と裏面の「アクティベーションコード」をアプリ上で登録する
  5. アプリ内のカード詳細と手元のカードをチェックして有効化する
  6. アプリ上にbitFlyer(ビットフライヤー)のVISAプリペイドカードが登録される
  7. bitFlyer VISA プリペイドカードの画面からチャージをタップする
  8. 仮想通貨のビットコインを選択して日本円で入金額を指定する(1回で3万円)
  9. チャージした日本円はバンドルアプリの残高に反映される

全てオンライン上で手続きが完了しますので、やり方さえ分かってしまえば簡単です。

最初の登録だけ少し面倒ですが、一度ユーザーIDとパスワードを設定して登録すれば後は自分の好きなタイミングでビットコインからの円建てチャージができます。

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内ビットコイン利用者の更なる拡大を見込んで、新たな顧客層を獲得するために利便性の高いVISAプリペイドカードを発行しました。

入会費や年会費が無料と持っておいて損はないので、bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設と同時にVISAプリペイドカードも申し込んでみてください。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判&メリット・デメリットをまとめてみた

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のVISAプリペイドカードの申し込み方法

bitFlyer(ビットフライヤー)のVISAプリペイドカードの申し込み方法は、次のようにとても簡単です。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントを取得して口座を開設する
  2. VISAプリペイドカードの申し込みページにアクセスしてデザインを選ぶ
  3. bitFlyer(ビットフライヤー)のマイページにログインする
  4. 登録した住所にVISAプリペイドカードが発送される

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座の開設方法に関しては、以下のページで詳しく説明しています。

 

ビットフライヤー口座開設の方法や手順、日数・期間を解説します

 

無料で配布されているのがVISAプリペイドカードの特徴ですが、残念ながら今回の申し込みは1,000名様限定の抽選でした。

誰でもカードを持てるわけではなく、申し込み期限は2017年の10月22日の23時59分と既に終了しています。

しかし、VISAプリペイドカードの人気が出ればこれから新規申し込みを受け付ける可能性は十分にありますので、bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトで更新情報を小まめにチェックしておきましょう。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のVISAプリペイドカードのデメリットで押さえておきたいポイント

国内仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)から発行されているVISAプリペイドカードは、Visaクレジットカードとは違って一部使えない店舗があります。

これはbitFlyer(ビットフライヤー)のVISAプリペイドカードのデメリットで、利用対象外の代表的なお店やサービスを幾つか挙げてみました。

  • 公共料金、国民年金保険料
  • ガソリンスタンド、有料道路
  • 飲料水宅配
  • 携帯電話、格安スマホ、アプリ型電話サービス
  • 生命保険、損害保険
  • 駐車場、家賃
  • インターネットプロバイダー
  • 動画配信、スカパー、WOWOW、ケーブルTV
  • 新聞購読料
  • 一部決済代行・決済サービス

利用できる場所が限られる点に加えて、「有効期限の5年間が過ぎるとチャージした金額が無効となる」「1回のチャージ上限額が3万円で、月間だと12万円」といったデメリットもありますね。

ビットコインの売買がメインでbitFlyer(ビットフライヤー)を利用している方からすれば特に気になりませんが、既にVISAプリペイドカードを保有している方は注意が必要です。

 

まとめ

以上のように、bitFlyer(ビットフライヤー)のVISAプリペイドカードの特徴や、ビットコインを円建てする方法をまとめてみました。

今後利用するシーンが増える可能性は十分にありますので、新規受付を開始したら早めに申し込んでみてください。



-bitFlyer

Copyright© ノーコイン・ノーフリーダム , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.